齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

齟齬

お知らせ:mikuriya-tetsu.comに引っ越しました

隠遁 の検索結果:

仏教とアナーキズムの関係

…人に従属する苦しみ 隠遁は楽しい 隠者は外部と隔絶されない 自分の主人は自分 身軽になるための禁欲と無所有 ブッダの恋愛観 まとめ 真理のことば、感興のことば 以下、ダンマパダ、ウダーナヴァルガの中村元先生の訳書「真理のことば、感興のことば」から引用していきたいと思います。 賢者はあらゆる束縛から離れる 重要なことは、ブッダは「自由に生きよ」と説いたことです。 愚人は束縛によって迷っているが、賢者は束縛を断ち切る。聡明な人は束縛を取り除いて――ここに神々と人間とのすべての束縛…

「ユナボマー」は正しかった?

…ない。 ……ソローが隠遁していたウォールデンの湖畔で、チェーンソーや水上ボートの騒音が撒き散らされたら、ソローもテロリストになっていたかもしれません。 iPhone Xはカジンスキーが正しいと証明している で、今日はカジンスキーのことを調べていたのですが。 シカゴ・トリビューンでおもしろい記事があったので紹介します。著者は同誌編集者のSteve Chapman。 The iPhone X proves the Unabomber was right - Chicago Tri…

隠遁は自由ではない byプルードン

…Jan Groth 隠遁については、以前シッチャカメッチャカ書きました。(→隠遁 の検索結果)。が、プルードンの「神と国家」に隠遁に関する記述があったので、もう一回考察してみます。 プルードンによれば、しかし、隠遁では人は自由になれないそうです。 ……孤立した人間は、自分の自由を自覚することはできない。人間にとって自由であるということは、他の人々、彼をとりまくすべての人によって、自由な人間として尊重され、認められ、またそう取り扱われることを意味する。したがって、自由とはけっし…

隠遁とその先

隠遁について薄ぼんやりと考えている。 Bai Jin, 1388-1462 「梵我一如」。 究極の認識が、「自己=世界」であるということはさまざまな宗教で指摘されている。 宇宙が自我と世界の両極として現れてくる。人間精神の努力はすべて、この対立の橋渡しの行為に他ならない。 とシュタイナーは言う。 世人は世界の中に生き、自己の内奥を省みない。 一方で隠者は自己に執着し、世界を顧みない。 テーゼとしての世人。アンチテーゼとしての隠者。その止揚としての覚者となるべきか。 なんとなく…

隠遁を超えて

…である。 かつて私は隠遁に強く恋い焦がれていた。20代の大半は、隔絶された田舎での隠遁生活を夢みていた。だけど今はそうでもないし、かえって社会的なことに関心を抱いている。それはなぜかを書いてみたいと思う。 Carl Spitzweg The Poor Poet · 1837 世界を殺すか、自己を殺すか 私が隠遁を望んだのは、あまり積極的な理由ではなかったと思う。 私はきわめつけの社会不適合者だった。世間や社会は理解のできない、恐ろしい怪物だった。いじめられたし、暴力を受けた。…

隠遁は最終目標ではない

…うなことを書いた。 隠遁についてさらに考察する。 「沈黙の声」より 神秘主義界隈で著名なブラヴァツキーの「沈黙の声」を読んでいたのだが、そこに隠遁についての示唆があるような気がした。 明らかにただものではない、ブラヴァツキーおばさん。 以下はジェフ・クラークの訳。 汝の魂が暖かい日の光を浴びて微笑み、肉と物質の蛹の中で喜び歌い、幻影の楼閣に閉じこもって泣き、大師と汝とを結んでいる銀色の糸を断ち切ろうともがいているのなら、おお弟子よ、汝の魂は地に属するものであると知れ。 これは…

アナーキズムよりもナショナリズムの方が危険

…ていた。( *今日は隠遁シリーズはお休みです。) 愛国心と名言 愛国主義について、私の好きな思想家はなんと言ったかを軽く調べてみた(以下は私の稚拙な訳なので察してください) 。 愛国主義の最大の魅力は、最悪の願いを実現することである。私たちの国の人びとは、間接的に、いじめや不正を行うことができる。しかも、深い徳をともなっているという気持ちで、いじめや不正を行うことができるのだ。オルダス・ハクスリー 「ナショナリズムは子供の病気だ。人類にとってのハシカのようなものだ」アインシュ…

隠遁生活が与えるもの

…たな、と思う。隠者や隠遁志向の人の中には、「美女や10億円や名誉はいらん、わしゃ孤独に引きこもりたい」という人はかなりいるはずだし、私はどちらかといえばそういった人びとの感性が理解できる。家賃5000円の彼は、ちょっと特殊なケースだったかもしれない。 もう少し違った面から考察してみたいと思う。 他者との関わりは、必要である 私は孤独となるよう生まれついている。社交は私にとって害悪でしかないのだ。 と考えるような人がいるかもしれない。「他者との付き合いは無駄だ」というような考え…

隠居生活は幸福なり也

…てもいい。 私自身、隠遁に強くあこがれて生きてきた。大学を卒業して田舎の小企業に就職するとき、研究室の教員に対し、「あとは引退生活です」と言った覚えがある。また、その企業を退職して10ヶ月はエセ隠居生活をしていた。「エセ」なのは、結局ブログを書きまくっていたからである。 隠居にあこがれてきた私だが、しかし結論から言えば、隠居生活は言われるほど良いものではないと思うようになった。 ニーチェvsストア派 西洋哲学における隠居生活については、ストア派とニーチェがもっともわかりやすい…

INTJ vs INTP―似ているようで違う「根暗」

…他者への辛辣な態度。隠遁傾向。ルーチン、静謐を求め、思いのままにならない環境が苦手。質素な食事。吝嗇。ストレス下では神経症。易怒、インポテンツ。 一言で言えば……INTP=美大生、INTJ=文学部哲学科かな? どうでしょ。 「知と愛」に見るINTPとINTJ 余談ですが、筆者はINTPとINTJの違いを調べていて、ヘッセの名作「知と愛」を思い出しました。原題は「ナルチスとゴルトムント」。 学問に通暁した若き知性の人・ナルチスが教鞭をとる修道院(修道院! ヘッセですねえ)に、ゴ…

騒音に悩む人は実は天才だった

…や高級住宅街や高級バーや高級レストランも静か。 逆にうるさいところはどこかといえば、渋谷のスクランブル交差点、ママ友の会話、テレビのバラエティ番組。ブックオフやスーパー。大学生の来る安居酒屋。Fランク大の講義室。家賃3万円の木造アパート。 お金がない私は野宿で静寂をゲットしてました。でも、ここも漁船のエンジン音がうるさかったんですよね~…… 聴覚過敏の人は、無理矢理他人に合わせて「陽気なふり」をするよりも、静かなところに逃げて、孤独に隠遁した方が得るものが多いかもしれません。

クリエイティビティのジレンマ

…ように社会から逃避・隠遁するのではなく、逆に社会に積極的に働きかける。つまり革命家や政治活動家である。 暇で時間のある人が政治活動家になりやすい実例としては、学生の政治運動があげられる。また私も最近ニート生活のなかで、政治活動の重要性を認識した。 日本は先進国とは思えないほど不正と腐敗だらけで、政治活動家があらわれるとひとたまりもない。彼らの出現は皇室や大企業、自民党、官僚といったいわゆる「既得権益」を揺るがす恐れがある。 しかしかつてのように冤罪で処刑したり(幸徳事件)、憲…