齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

齟齬

お知らせ:mikuriya-tetsu.comに引っ越しました

ネトウヨは白人至上主義者である

ネトウヨは日本人至上主義ではなく、白人至上主義である。

 

これに気がついたとき、ネトウヨを完全に理解できた気がします(本記事ではコーカソイドを白人とします)。

 

 

 

ネトウヨ=アニオタ=白人至上主義者という命題 

ネトウヨにはアニメオタクが多い。しかし、アメリカの白人至上主義者にも日本アニメのオタクが多いことはあまり知られていない。

 

Talib Kweli: 白人至上主義者のツイッターのアバターを見ていると、アニメのアイコンが多いことに気がついた。彼らのアバターは

  • ボストンのスポーツチーム(レッドソックスのこと?)
  • カエルのぺぺ*1
  • ドナルド・トランプ
  • アメリカ国旗
  • ナチスのシンボル
そしてアニメだ。ブロンドで青い目をしたキャラクターだ。

Youtubeより*2

 

白人至上主義者がなぜ日本のアニメキャラをアバターとするのか? 

アニメの登場人物は白人である 

Talib Kweli: 日本のアニメは日本人とは反対で、白人を描いているように思われる。

 

これはそのとおりだと思う。アニメの登場人物は白人ばかりだ。日本人とされるキャラクターも、白人の特徴を持っている。白い肌、薄い唇、細く高い鼻、目と眉の間の近さ、小さな頭蓋骨、細く長い手足。

 

オタクが見るような作品ばかりではない。スタジオジブリの作品もほとんどが白人の特徴を持っている。 

f:id:mikuriyan:20180518203822j:plain

「ハウルの動く城」より

 「トトロ」や「千と千尋」は例外だが、「魔女の宅急便」、「ナウシカ」、「ラピュタ」、「アリエッティ」など、ヨーロッパを舞台にした白人キャラクターの作品が多い。古代日本をテーマにした「もののけ姫」にしても、キャラクターは白人のようである。  (故・高畑勲氏はバランスが取れていたように思う)

 

メディアを通じて白人至上主義が刷り込まれる

アニメだけではない。テレビをつければ白人や白人ハーフが登場するし、雑誌も同様である。

 

日本のファッション誌や、テレビにおいては白人や白人とのハーフばかりが登場する。

 

f:id:mikuriyan:20180518182336p:plain

Sashi氏のYoutube動画より*3

 

これらのメディアを通じて、日本人は白人は優れているというようなファンタジーだけでなく、恐怖やコンプレックスをも抱くようになる、とSashi氏は指摘する。

 

同様の批判をTalib Kweliもしている。

 

Talib Kweli: 白人を美しいと思う価値観は、アニメに限られた話ではない。道を歩けば黒人がストレートな髪で歩いている。ヨーロッパ中心主義の価値観に従うためだ。この地球上のすべての価値観がそうなっている。白人至上主義は世界的なものだ。第三世界では肌を白くする。白人に見えるからだ。日本は特にそうだ。美白クリームに、目を大きくする美容。本当に病んでいる。

 

f:id:mikuriyan:20180518205709p:plain

Lola Keyezua

 

白人至上主義者がなぜ日本やアニメを愛するか

「白人至上主義者が日本を愛する」ことは矛盾しているようだが、事実である。Weeabooのような狂信的な日本信者は、アメリカは日本のようにならないといけないと信じている。

 

ピーター・デールは日本人論について優れた考察をしている。欧米諸国は、日本をさまざまな面だと遅れた国だと認識している。そして、「遅れているから」こそ良いとみなすのである。

 

ピーター・デールの主張:ほとんどの日本人論は、注意深く分析すれば、日本は「西洋」よりも原始的で、伝統的社会であるという主張に還元できる。人々が「西洋はXで日本はYだ」というとき、こう言い換えることができる。「西洋はXだが、かつて西洋はYだった」。

明治学院大の講義資料:10 Problems with Nihonjinronより

 

つまり彼らは、「古き良きヨーロッパ」「古き良きアメリカ」を日本に見出しているのである。

 

たとえば、WASPたちが勤勉に働き、開拓し、独自の伝統と価値観を持ち、家族や共同体が和気あいあいとやっていた社会。勇敢な闘いによってインディアンは殺され、黒人は奴隷で、グローバリズムによるアジア人やヒスパニックの流入がなかった時代。

 

ネトウヨは白人に認められたがる

ネトウヨは日本人であることを誇る人だとされている。しかし現実にはヨーロッパ中心主義や白人至上主義者なのではないだろうか。

 

ネトウヨは白人に認められることを好む。――ほとんど渇望と言っていいくらいだ。ネット上は「海外の反応」のゴミ記事で溢れかえているし、テレビでも同様のゴミ番組が流れている。

 

さて、日本人がほんとうに日本人を「最高の民族」だと考えるのであれば、このような「白人からの承認」が必要だろうか? 

 

彼らは確かに韓国人・中国人を蔑視して、日本人の方が優れていると考える。しかしその論理の依拠するところは、「日本人は韓国人よりも白人に近い」というものである。

 

例えば、日本は韓国よりも経済的に優越している、先進的である。欧米社会に認められている、政治力がある、同盟している、協調している。経済的軍事的に欧米と対等に戦った、歴史的に文化を尊敬されてきた。日本人は韓国人よりも目が大きく、鼻が高く、エラが張っていない。日本の伝統文化は、欧米に広く受け容れられ、尊敬されている。……というような。

 

例えば、外国人も日本の文化の中で生きることをネトウヨは考えない。彼らは、白人に認められながら、「優れた独特の文化」を守ることを主張する。まるで日本人は、白人の傘の下で庇護されることを望んでいるかのようである。

 

ネトウヨ=白人至上主義 

ネトウヨは結局のところ、「日本人至上主義者」なのではない。「白人至上主義者」なのである。

 

ついでに言えば、「親米保守」という奇妙な概念も、白人至上主義で説明できるのかもしれない。 

 

*1:4chan発のmeme -f:id:mikuriyan:20180518180612j:plain

*2:ラッパーのTalib Kweliが「アジア女性やアニメを偏愛している」というようなインタビュー動画をあげていたので、そこから紹介しています。動画:

www.youtube.com

Talibe Kweli、今は文化人的な位置なのか?

*3:

www.youtube.com