齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

「叛逆者」とはだれか

叛逆者――というと、ふつう人は暴走族や火炎瓶を思い起こすのですが、事実は異なります。

 

人が叛逆者となるのはいつか。

テレビを切って、自分で自分を教育し、自分のために思考することをはじめたときです。*1

 

f:id:mikuriyan:20180508201422j:plain

イラスト: luthyen1

  

叛逆者はどんな性格なのか?

成人の叛逆者は頑固な子どものように見えるかもしれない――彼らの叛逆を抑えようとする叱責や処罰は、さらに叛逆行動を強める可能性が高い。

心理学者のNicola Daviesの記事がよかったので引用します。 

 

The Rebel Personality – Health Psychology Consultancy 

特徴

  • 独立することを好み、何かを命令されるのは好まない。彼らはむしろ、命令を下すだろう。
  • 他の意見や視点を選ぶときに、「間違っているから」とか「退屈だから」という理由を必要としない。彼らはただそうするのが好きだからそうする。たとえ現状が、他者にとって「完璧」に見えるとしても。
  • あらゆる拘束を憎悪する。
  • 人々が疑うことなく、安易に権威を受容したり、それに屈することを嫌う。

肯定的な点

  • 彼らは未知の大海を冒険し、他者をそこへ導くことのできる大きな潜在力を持っている。
  • 叛逆者のような色濃い人格の人の近くにいることは、エキサイティングである。
  • 彼らは独創的な思想家であり、圧倒的な敵対者に対して勇気を見せる。
  • 叛逆者の情熱はすばらしいものがある。たとえ彼らの信念に不同意であろうとも。

否定的な点

  • 職場の同僚との関係を悪化させることがある。
  • 彼らの独創性は他者にとってはドギマギさせるようなものである。慣習的ではないアイデアを擁護したり、見せびらかすときには。(例えば、職場に奇怪な服を着たり変な髪型をするなど)
  • もしもあなたが現状を受容するのであれば、叛逆者が友好的な言葉をかけると期待しない方がいい。
  • 極端に言えば、叛逆者の人格は破壊的で、聞く耳を持たないことがある。

叛逆者は「よい」?  

Nicola氏の記事は優れていると思うのですが、叛逆者の否定的な点は無理して書いた感じがあり、あまり同意できません。叛逆者って、そんなにネガな点がない気がします。単に良い人・優れた人なのではないでしょうか。

 

たとえばキリストって叛逆者でしょうし、仏陀もある程度は叛逆者です。

 

もちろん彼らは集団の「和」をかき乱すことにはなりますが、結果的には集団のためになる存在と言えそうです。日本では叛逆者を抑圧する力が非常に強く、和―パニッシュメントで厳罰処置なのですが、不当に利益を貪る既得権益層が多いからでしょう。

  

叛逆者とは真逆の、体制に順応している人はconformistと呼ばれます。大企業の社員とか、官僚といった人々はconformistです。

 

それ以外にもconformistとは、「体制に反対する体制」にも当てはまります。たとえば暴走族は一見したところ叛逆者ですが、実は慣習にガチガチに固められたconformistですし、上下関係の厳しいヤクザや、自由を謳うパンクロッカーやサブカル系や不思議ちゃん、学生運動をしている人も同様です。

 

叛逆者rebellionは彼らと違います。ひとりで考え、ひとりで立つ人なのです。

 

おまけ。 

「真理と自由とのもっとも危険な敵は、かの堅実なる多数、よいか、この呪うべき、堅実なる、ぐうたらな多数である。……多数が正義を有することは決してない。断じてないのだ! これこそあまねく瀰漫した社会的虚偽の一つであって、これに対しては一箇の自由な思考する人間は反逆せざるをえないのである。……正義とはつねに少数の所有するところのものなのだ」『民衆の敵』イプセン

 

迫害されて、沈黙の中に追いやられるな。自らが被害者となることを、決して許すな。あなたの人生を、自分以外の何者にも定義させるな。Harvey Fierstein(拙訳)

 

私はこの狂気の世界から自分を取り戻そうとしている。
私はこの世界の計画を中断し、そのかわりに自分の夢に生きようとしている。
私は適応主義の死から自らを守ろうとしている。
私は今ここから、この人生を自分のやり方で生きようとしている。

S.C. Lourie(拙訳)

 

*1:以下の文章を参考に書きました:Rebellion is not what most people think it is; rebellion is when you turn off the TV and start educating yourself and thinking for yourself―ネットで拾った句ですが、だれの言葉かはわかりません。Gavin Nascimento? また、RebelionやThe rebelという言葉を、どう訳して良いのかわかりませんが、ここでは叛逆者としておきます(かっこいいので)。