齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

IQが違うと会話が成立しないという説の誤り

IQが違うと話が合わない――のウソ。

この俗説、もっともらしく聞こえるので広まっています。

 

参考↓

 

 

 

英語圏では「IQ30の壁」なんてことが言われていますが、日本ではなぜか「IQが20違うと~」となっています。

 

30の壁はまだ理解できますが、20は無理がありますね。IQ90と110の組み合わせなんていたるところに存在すると思うのですが、その都度コミュニケーション障害が起きているのでしょうか?

 

俺IQ120だから庶民とは話が合わないわ~、天才だわ~、と言いたい系でしょうか?

 

f:id:mikuriyan:20180424180218j:plain

 

こういう俗説って日本では永遠に正されないのですが、英語圏では科学者がバシッと否定してくれるので頼りになります。

The Myth of The 30 IQ Point "Communication Range" - Neuroskeptic

 

Neuroskepticの記事では、以下のQuorianの文章を引用しています。

コミュニケーション・レンジという概念はLeta Hollingworthによって確立された。IQのプラス・マイナス2x標準偏差の差異(約30ポイント)を扱ったものである。この差異は、意思疎通(コミュニケーション、議論、会話、社会関係化)の実現を不可能にする。もし二人のIQの差が30を超えると、コミュニケーションは破綻する。IQが高ければ理解できないナードに見えるし、IQが低ければひどい愚か者に見える――そして彼らは何ら共通点が見つけられない。

 

これをNueroskepticは批判的に考察します。

 

実際には「IQ30の壁」 を提唱したのはIQ研究のパイオニア、Hollingworth (1886~1939)ではないらしい。Grady M. Towersの1987に書いた記事、 ‘The Outsiders'が原型のようです。

 

そこで、TowerはHollingworthの記述を引用しています。

観察によれば、リーダーの知性とその被指導者の間には直接的な関係が見て取れる。同年齢の子供たちのなかでリーダーとなるためには、より賢い必要があるが、被指導者と離れ過ぎてはいけない……一般的に言って、リーダーシップのパターンはIQが30違うと、堅固ではない――または、破綻する。

この文章に対し、Towersは以下のように書いています。

このことが示唆するのは、異なる知的レベルにおける本当のコミュニケーションは不可能ということである。

ここにはひどい飛躍があります。

  • Hollingworthの研究は、リーダーシップの研究だった。
  • 子供を対象とした研究だった。
  • あくまで「観察」であり、科学的に結論付けたわけではなかった。

 

にもかかわらず、Towersは「IQの違いが30あればいかなるコミュニケーションも不可能だ」としています。これは無理筋ですね。

 

Towersはプロメテウス協会の会誌でこの記事を書いたみたいです。プロメテウス教会は、メンサより厳格な高IQ組織です。メンサは50人に1人の高IQなら入れますが、プロメテウス教会は3万人に1人しか入れません。

 

Towersは天才だったようですが、学者ではなく、55歳で警備員の仕事をしている最中に亡くなりました。

 

 

IQとコミュニケーションはあまり関係ないのでは

 

たぶん天才は、居酒屋でワイワイゲハゲハするのは苦手でしょうが、別に不可能ではないでしょう。俺って天才だからさ……とツンケンする奴は、天才ではなく単に「嫌な奴」です。

 

f:id:mikuriyan:20180424183909j:plain

「話が通用しないIQが高い人」のイメージ。IQ200の設定。映画『ハンニバル』より

 

それにしても、ネット上では「俺はIQが高いけど~」という人がいても、「俺はIQが低いけど~」という人がほとんどいません。人口の半分はIQ100以下のはずだが、彼らはどこへ行ったのか?