齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

子どもが嫌いな理由

私は子どもが嫌いです。

 

公共の場所で子どもたちを見かけると身構えてしまうのは私だけでしょうか。

 

ひどい! ひとでなし! と言われるかもしれません。でも、考えてもみてください。彼らが私に良いことをする可能性はゼロですよ。ただでさえうるさくて目障りなのに、子どもと関わったが最後、ひどい暴言や、汚い手で触られたり、まじまじと見つめられたりします……。

 

いちおう、私にも社会性がありますから。

「子どもってほんとうにいいですね」

「かわいらしいお子さんですね」

 

と言うことくらいできます。眉間にシワは寄りますが。

でも、子どもが視界から消えればホッとしますね。

 

まあ、中には立派な子どもや不快にならない子どももいるのですが。基本的に子どもは嫌いです。

 

子どもが嫌いな理由

 

Rebel Circusというサイトで、「子どもを嫌う本当の理由が告白された」という記事があったので紹介します。Redditの投稿の「まとめ」のようです。

People Confess The Real Reason Why They Hate Kids

 

邪悪さ。「彼らはうるさく、邪悪で、よだれと鼻水に満たされている。効果的に意思疎通ができず、まったく彼らには我慢できない。私は彼らが愛らしいとは思えないし、彼らの数百万枚の写真を見たくない。どのような機会、形式、媒体であれ、私は彼らと遊びたいとか、見たい、聞きたい、関わりたいなどと思わない。」aran9047

 

たしかに子どもの写真ほど、見て嬉しくない写真はないです。特に育ちの悪い子ども……。

 

悪い子ども「私は子どもが嫌いなのではない。悪い子どもが嫌いなのです。そしてその親たちはさらに嫌いだ。制御不可能な子どもがいるのはわかるけど、もし自分の子どもがクソなら、他の人に迷惑をかけるべきではない。悪いが、家に留めるか、子どもたちに寛容な場所、たとえば公園とか、Chuck E Cheeseに」Boner_collector.

まったく同感です。私は子どもが基本的に嫌いですが、中にはかわいいな~立派だな~という子どもがいます。子どもが嫌いなのではないのです。悪い子どもが嫌いなのです。

 

ちなみにチャッキーチーズとはこういうゲーセンみたいなところみたいです。

f:id:mikuriyan:20180422220444j:plain

なんというか……。

 

イライラする。「私は2歳の姪と住んでいるけど、私の人生のためにそれを世話することができない(訳注:この人、姪っ子をitと呼んでいます……)。私は忍耐力が強いほうだが、子どもを預かることだけは無理だ。私は自分のしたいことに集中したいのだが、私は子供のために目を逸らしてやっていることを中断しなければならない、彼らを楽しませるために。それがイライラさせられる。」Chilly_in_ya_titty.

もし2歳の子どもと共同生活することになったら? と考えたら、想像するだけでげっそりしますね……。

 

質問が多すぎる。「彼らは黙ることを知らず、バカな質問を続ける。私は寝ることが好きで、子どもを育てるよりも収入をあげる良い方法を考える方法を考えることができる。子どもは短期間だけなら我慢できるけど、もし私の人生の18年間も一緒にいなければと考えると、気が狂いそうだよ」(匿名)

たしかに、18年という年月は長すぎます。

 

昔は子どもは「経済性」でつくるものでした。農家の子どもは、6~7歳になったら労働力とするか、商人に売って「収入をあげる」ことができました。現代ではどうか。子どもをつくることは経済合理的でしょうか。もしかしたら、単に手間と金のかかるだけの巨大な負債なのかもしれません。

 

活動。「私は子どもが嫌いなのではないけど、子どもがいない方が好ましい。ビーチでの日光浴は子どもがいたら悪化する。映画を見ることは子どもがいたら悪化する。レストランにいくことは子どもがいたら悪化する。飛行機に乗ることは子どもがいたら悪化する」hydroelectric_dam.

 

私が東南アジアを旅行していたとき、子ども連れの西洋人の旅行者をけっこう見ましたが……なんていうか、大変そうでしたね。

 

混乱。「ほとんどの場合、子供ではなく親たちに憤るのだけど。レストランで見かけるような状況。子供たちが泣き出したり、テーブルの周りを駆け回って、親たちは何もしない。子どもたちが混乱を巻き起こして、みなのディナーを破滅させているのに、何もしないというのか? 頼むから家にいてくれ」匿名

 

日本特有だと思ってたのですが、海外でもけっこうあるシチュエーションなんですね~。なんとなくアメリカでは多そう。そしてドイツやフランスでは少なそう……偏見かな。 

 

制御不可能。「彼らは自己制御に欠けており、退屈な会話、通常必要がないにもかかわらず、人に触りたがる。私は何よりも触られることが嫌いで、かなり巨大な問題だ」PrincessPeach817

わかるなあ。子どもに触られるとすごくむかつきます。赤ん坊なら大丈夫だけど。

 

退屈。「私は子供たちが嫌いだ。なぜかといえば、彼らと共通する点がないから。彼らは信じられないほど退屈でイライラさせられる。彼らは自己中心的で、あらゆる点で私の興味を惹かない。まるで酔っ払いの前でシラフでいるようなものだし、石化した人に語りかけるような気分になる」VeryFluffy

まあこれはそのとおりで、子どもたちとは話が合いません。

私としては、ほとんどの人と話が合わないので気になりませんが……。

 

子どもは必要か?

f:id:mikuriyan:20180422215632p:plain

 

これは、人類の人口グラフなのですが。

子どもって、もういらないんじゃね? と思います。

今生きている子どもたちって、生まれるべきじゃなかったんじゃね? と思います。

 

自分自身、生まれてきてよかったか悪かったかはかなり際どいラインですし。

 

f:id:mikuriyan:20180422223354j:plain

 

人類はあまりに増えすぎました。生むも損、生まれるも損。これからの世界は、人口を減らしていく時代だと言えます。

 

 「まだ子どもで消耗しているの?」という時代がやってくるでしょう。

 

子どもよりも草木を育てよう

最近私がマジでハマっているのは観葉植物を育てることなんですよ。

 

植物の世話なんてババアの趣味かよ! と思う人もいるかもしれませんが、ほんと、ぞっこんです。私のお気に入りはパキラとクワズイモなのですが、新芽がでてくると、感動すらしますよ……。

 

私の部屋にはテレビがないのですが、その代わりにずーっと葉っぱを眺めています。癒やされるんですよ、これが。

 

f:id:mikuriyan:20180422221910j:plain

夜もベランダでずーっと見てます。

 

子どもよりも植物を育てた方が、ずっと幸福になれるかもしれません。