齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

低い犯罪率の理由――日本は殺人天国だった

「日本では完全殺人をすることができます。死体が検死されないから」。元警視庁警部補の犀川博正氏は言う。先輩の警官たちが「統計に取り憑かれていた。昇進に関係するからです」。そしてほぼ完璧な解決率を維持するために、可能な限り刑事事件の件数を減らすようにしている、と。

 

日本の警察発表では2005年、1392の殺人があり、96.6%は警察によって解決済みとされる。しかし犀川によれば、警察は犯人の身元がはっきりわからない限りは事件化しないと述べている。

 

「すべての警察官は人びとにどう見られるかを気にしている。あらゆることが能力が高いことを示すPRとなっている」と犀川は言う。「検死解剖をしなければ、彼らは事件の解決率を高くすることができる。すべては数字なのです」

 

「警察の教科書は、医者を信用してはならないと教えてます」彼は言う。警察は死亡診断書に署名するよう医師に圧力をかけているのだという。「医師は警察を恐れています。彼らは報復を恐れている。医療ミスで逮捕されることを恐れている。だから彼らは圧力に容易に屈する」

 

「警察を審判する人はいないんですよ」と犀川は言う。「怖いからね」。

上記はロサンゼルス・タイムズの2007年の記事「Japan's police see no evil - latimes」より引用)

  

f:id:mikuriyan:20180317200803j:plain

画像元:http://www.tanteifile.com/diary/2009/11/28_01/

 

美しい日本の伝統:エクストリーム自殺

以下は情報収集中&放電中より孫引き。

* 大阪、タクシー運転手
首にロープを巻いて、家の門扉の前でジャンプしロープを門扉にひっかけて首吊り。門扉の高さは数mあった。

* 東京、アフガン航空常務
全財産をつぎ込んだFX取引きで失敗し、社内で自分の心臓を刺してから窓枠を乗り越えて離陸。

* 大阪、社長
全身をロープと粘着テープで縛って、ビル屋上の鉄柵を飛び越えた。

* 千葉、少年
全身をロープと手錠で縛って、柵に囲われた線路に飛び込み。

* 東村山、市議
逆立ちしてマンションの窓際まで、指でひきずった跡をつけながら歩行、足から手すりにぶら下がり、空中で方向転換して50cmの隙間に向けて飛行。

* 沖縄、社長
全身をめった刺しにして自殺。背中や手の甲もきちっと刺してあった。血の跡ひとつつけずに非常ボタンを押した。

* 大阪、潜水ルポライター
水深数十センチの川で全身を縛ってめった刺しにしてからうつぶせに水中に横たわった。ご丁寧に背中に重しまで乗っけた。

* 神戸、ヤクザ
自分で自分の首をはねて自殺した。首はみつかっていない。

* 東京
火の気のない玄関で人体発火現象を起こして、燃え尽きるまで気管に煤が入らないようじっと息を止めて焼身自殺。

* 愛媛
風呂場で自分で自分の頭をハンマーで殴り自殺。

* 茨城、おばさん
首吊りしたあと歩いて川に入り息を止めて自殺。気管には水なし。

* 熊本
某病院主要関係者を乗せ、峠道を時速80キロで、ガードレールのわずかな隙間をタイヤ痕ひとつ残さない華麗な運転テクニックですり抜けて50m下へダイブ。

* 福岡
高校生 - 400kgの重しを抱いて海に飛び込む。

* 東京
頭に穴があく不思議な方法で首吊り。

* 千葉
首吊りをしてからわざわざ飛び降り自殺。死因は飛び降りではなく窒息。

* 名古屋
車で首吊りをしようとして首を切断。しかし首がないまま駐車、車庫入れをこなす。

* 大阪
歩道橋から飛び降り自殺するも、なぜか歩道橋から45メートル離れた路上で発見される。

f:id:mikuriyan:20180317190930j:plain

日本は自殺に関してはイノベーション大国だなあ……

国営ヤクザとしての警察

そんなわけで、先進国中もっとも人を殺しやすい国のみなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

私は「日本でもっとも恐ろしいマフィアは?」と聞かれたら「警察」と答えます。というのも山口組住吉会などのマフィアを束ねているのが警察だからです。警察はヤクザを潰せますが、ヤクザは警察を潰せません。日本でマフィアが公然と存在しているのは、警察が彼らを生かし、利用する、つまり管理運営しているからです。性風俗やパチンコが違法とならないのは、警察のビジネスだからです。かなりこじれた表現ですが、「マフィアは警察のフロントカンパニー」で、最も邪悪な組織は警察ということが言えるかもしれません。

 

そんなわけで、日本の警察は、「警察ごっこ」に過ぎず、警察にうまく似せている点では評価できますが、間違っても「ザモーストアドバンスドな警察」ではありません。

 

日本は先進国の「ふり」をすることにかけては一流ですが、現実は暴力と抑圧の支配するサード・ワールドであり、まずそのことに「気づく」ことが日本人の幸福への第一歩だと言えます。