齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

つまらない日本の私。

ここ最近は英語圏のサイトばかり読んでいるのだが、思ったことがある。それは「海外のネットはほんとうに質が高い」 ということだ。

 

 

英語版Googleに感動する

  • ゴミのようなサイトが表示されない。日本語でGoogle検索すると9割はゴミサイトが表示されるのだが、英語版のGoogleはバシッとストライク・ゾーンのサイトを表示してくれる。だいたい上位の3サイトで必要な情報が手に入る。すごい。
  • 日本語で何か検索すると「アフィリエイトブロガーです!月100万円稼ぐ方法知りたい?」みたいなゴミや、あちこちからパクって適当につなぎ合わせたパクリ記事がほとんどだけど、英語で検索すると学者や作家、ジャーナリストのクオリティの高いサイトがバシッと表示される。ああ、民度高い……。
  • 日本語だと行政や政府の情報が検索に表示されてもただの「ゴミ」だけど、アメリカなんかの政府広報は整理されていて読みやすいし、質が高い。
  • 日本語だとニュース記事は消されてたり有料で読めなかったりするけど、英語圏のニュースはすべて公開してくれる。
  • 記事タイトルにうっとおしい「!」や「?」がない。 落ちついて検索できる

 

全体を通して、なんというかな。「まともな大人の世界」という感じ。

 

つまり日本のネット状況は「異常な子どもの世界」 と言えるのだけど、現状まさにそうなっていると思う。幼稚園児レベル。

 

f:id:mikuriyan:20180117094336j:plain

 

そんなわけで、はじめてポルノ動画を発見した男子高校生のように英語圏のサイトで調べまくっている。

おもしろくてたまらない。ネットってこんなにおもしろかったのか。

 

というか日本がつまらない 

ここからは話が変わるのだけど、つまらないのは「日本のネット」だけではない。

f:id:mikuriyan:20180530150023j:plain


テレビだってつまらない。ドラマは大根役者とゴミ脚本で、金が貰えるなら見てやるくらいつまらない。バラエティー番組なんて存在が害悪としか思えない。

 

邦画や邦楽はなかには良いものはあるけれど、わざわざ日本という括りで探さなくても洋画や洋楽の方がスタンダードに品質が高い。

 

エンターテイメントだけではない。日本全体がつまらないのではないか?

 

私は日本の学校は最高につまらなかった。日本の企業も最高につまらなかった。

 

そして「日本人」もまた、つまらない人が多い……と私は思う。ろくに趣味を持たない。話しても深みがなく、議論や討論はできない。なんだかネチネチしていて基本的に「クローズドマインド」だし。

 

ああ、みんなつまらないんだ、この国は。 

日本がつまらないのは失敗を許さないから?

考えてみると日本がつまらないのは失敗を許さないからかもしれない。

 

今の日本の支配層は「すごいことをした人」ではなく「失敗しなかった人」。負け組とされる教育ルーザーや就活ルーザーも、「他人の失敗」にはすごく敏感だ。

 

だれかがなにか間違いを犯したら国民あげて大バッシング。たぶん鬱屈した怒りが一気に噴出するんだろう。

 

日本って、一回失敗したら全部おしまいだもんね。

 

受験で失敗した、おしまい。
就活で失敗した、おしまい。
ツイッターでバカやりました、おしまい。

大麻吸いました、おしまい。

不倫しました、おしまい。

 

そういう他人の誤りや失敗に厳しい文化が何もかもつまらなくしてるんじゃないかな、と思いました。