齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

戦中の不敬罪の軌跡「天皇陛下のばか」「天ちゃん」

f:id:mikuriyan:20171228154459p:plain

何が天皇陛下の赤子だ
赤子だつたら天皇陛下はこのあわれな不幸な子供をたすけようとはしないのだ
それは天皇の赤子だとうそをいつて自分の下におこうとするのに他ならないのだ
何が天皇
天皇が何が現人神だ
よくまあこしらへたものだ
学校の修身の時間ふき出さずにはおれないよ
自由主義を世界に啓めるのは我々の力だ
それを何にも天皇なんかに圧迫せられる必要があろうか
天皇などは死んでしまつたらいゝのだ
何が天皇

 十九歳の学生が満州の母親に宛てた手紙(原文は無改行)

 

一枚岩ではなかった日本人

戦時中は国民が皆騙されていたとか、洗脳されていた、と表現されることがある。必ずしもそうではなかった。中には「王様は裸だ」と言う人もいたわけである。

 

ジャン・W・ダワー「昭和」を読んでいたら、不敬罪の記録があったので、引用してまとめる(文末など編集あり)。なお、大半は「特高月報」からの孫引きなので、気になった人は図書館に問い合わせてみよう。

 

 

 

天皇がもっとも広く受けた侮辱の言葉は、馬鹿、馬鹿野郎、大馬鹿野郎、さらに、坊っちゃん、飾り物、穀潰し、偶像、「経費ノカヽル印形」であった。……戦争中でさえ、学生が仲間うちで天皇を軽々しく「天ちゃん」などと呼ぶこともめずらしくなかった。

 

以下、箇条書きにて引用する。

 

  • (差出人「敵」として)宮城宛に「天皇陛下のばか」と書いたはがきを出す 十二歳の少年
  • 天皇は「無情」なものだと呪って天皇の肖像を足蹴にして燃やす 二人の息子を戦争で亡くした母親
  • 蒋介石が世界でいちばんえらい人で、それにくらべれば天皇は付き人に支えられている押立て棒のようなものだ」(天皇は)「立てて貰へば誰にも出来るし大して偉いものではない」二十七歳の農民、懲役六ヶ月
  • 天皇陛下は人民がなくてはなんにもならない、丁度床の間の置物の様なものだ」と海岸で二〇名ほどの青少年に話して聞かせた 三十四歳のルンペン・プロレタリアート
  • 一般大衆が「働け」といわれるときに天皇は働かない、天皇が「二、三時間働いたら国民はどんなに喜ぶだらう」「天皇陛下もちつと百姓の仕事をしなやはつても好いじやけど」農民
  • 皇族は配給米では生活していないのだから天皇を奉安する必要はない――翼賛壮年団の会合に出席した写真屋、新聞に掲載される御真影を切り抜いて各家庭で奉安する提唱に対し
  • 「皇室の経費も吾々国民から出す税金から四百万円も費つて居る、皇族は吾々が養つて居る様なものだ」若い農民
  • 「何を言ふのや慾せいじや天皇陛下でも慾の為に大東亜戦争をやつとるやないか おいら慾するのは当り前や」男性
  • 「こんなに骨折つて子供を育てても大きくなると天皇陛下の子だと言つて持つて行かれて仕舞ふのだもの嫌になつて仕舞いますよ、子供を育てても別に天皇陛下から一銭だつて貰ふ訳でないのに大きく育ててから持つて行くなんてことするんだもの天皇陛下にだつて罰が当たるよ」ある母親
  • 天皇は米国やソ連の統領がしているように陣頭に立っていない 地方の一製炭業者
  • 「日本の家族制度では戦争は出来ぬ」、「ソ連の様な共産制にして仕舞はねば戦争に勝てるものか、此の戦争が済んだら何もならぬ上御一人を養ふ必要はないのでいらぬものじやからやり替へて仕舞へばよい」
  • 天皇の奴は暑い目寒い目知らずに山海の珍味を並べ国民を奴隷扱ひにして太へ面しやがつてしやくに障つて仕様がない、何時かは政体が変る、道理から言つて大統領政治が正しい、一国の長に立つ者は其れ丈の学識と才能を兼ね備へたものが立つのが当たり前だ、人民の総てがこの人ならと思ふ人を大統領に立つべきだ、大統領になる人も一年毎に変へなければならぬ、あれが此の世の本当の穀潰しだ……」
    一九四三年十月に逮捕された記者
  • 天皇陛下はイラヌものじゃ、鉄砲を持つて来い撃ち殺してやる」 酔漢として悪名を馳せていた農民
  • 農民と労働者が自分たちの天下をつくるさいには、ロシア革命軍が皇帝とその家族を雪中に棄てたように、天皇シベリアの雪のなかへ棄ててしまえばよい 製鉄会社の工員一〇名、検挙された。
  • 「俺は日本の国に生れた有難味がない、日本に生れたことが情無く思ふ斯様な事だつたら俺は天皇を恨む
    兵隊は人殺ぢや、青訓の生徒は人殺の卵ぢや、兵隊は戦地で天皇陛下万歳と言つて死んで行きよると言ふがそうぢや無い、必ず恨んで死による」四十九歳の農夫、政府の農業政策について
  • 「若しアメリカ等がこんな有様になつたら直ぐ天皇陛下に銃を向けるのだが日本も向けたら良い」小さな村落に住む六十八歳女性

以下、特高警察がまとめた書類綴りにおける不敬言辞

  • 天皇はのんきに写真にうつっているが、人の子どもをうんと殺して、こげな大きな顔をしている。
  • 天皇ヲ廃シ共和国トセヨ。支那事変ヲ即時打切レ。全国ノ御陵ヲ潰シ耕作地トセヨ。
  • あんなに東京を焼いてしまって、天皇陛下もクソもない、戦に勝つからがまんしろといいやがって、百姓はとった米も自由にならぬ、骨が折れるだけだ。
  • 毎日供出供出、おれなんか天皇陛下が死んだら丁度よいと思ってる。
  • 今の世の中はとてもつまってきた、われわれがろくに食うことのできないのは、戦争をしているためだ、米が足りないのは市長さんがわるいのではない、みんな天皇陛下がやらかしているからわるいのである。
    戦争に負けたところでわれわれは殺される心配はない、殺されるのは天皇や大臣などの幹部ばかりだ。
  • 生産機関ヲ社会ノ手ニマカセヨ
    天皇ハ経費ノカヽル印形ナリ
    資本家ノ国ヲ倒セ
    資本家ノ為ニ血税ヲ払
  • 宮城に爆弾が二つ三つ落つこつたら奴ら大騒ぎして面白かんべな
  • 独裁者タル天皇ヲ倒セ 自由ダ
    自由主義者集レ 永久ニ奴隷ニ非ズ
  • 俺は収集されても天皇陛下の為めに死ぬのは厭だ
    日本は皇室を倒さんとほんとうの幸福は来ないのだ
    天皇陛下ユダヤ財閥の傀儡だぞ
  • 戦争は多くの人や惜しい人が沢山殺生される惨酷なものである故戦争はするものではない
    何のために戦争をして居るのか戦争は誰がして居るのか、それは天皇陛下がしてゐるのである
    天皇陛下が無ければ斯んな戦争をやる必要はない
  • 天皇さんて良いものだ、皆に有難いと拝まれに良くて、是等のために戦争して居るから米を出させられたり物が不足になつたりして生活に苦しまなければならないのだ
  • 真珠湾の九勇士が命を棄てて国を護つたことは立派だが銃後の一部では闇行為をやつてゐるものがある実情だが此の点を見ると命を棄てる者は馬鹿げて見える
    天皇の御為と言つて死んで行くと日本の国民が無くなつて仕舞ふ、天皇陛下だつて同じ人間ではないか
  • 日本ガ負ケ天皇ガ米国ノホリヨトナリドレイトナツタ時ノカホガ見タイ
    戦争好キノ日本ノ運命ハ天罰デ必ズ負ケル
    即時米英ト手ヲ握リ一億国民ヲ戦争ヨリスクエサスレバ我子良夫父戦地ニ送ル事ハイラナイ又空襲ヲウケル心配モナク飯モ腹一杯食ヘル……

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?(←使ってみたい)

私はいくぶんスカッとした。 

 

いくらプロパガンダによるマインド・コントロールがあるとしても、家を焼かれ、家族を殺され、食うや食わずの極貧生活を強いられて黙っているようなおバカさんばかりではなかったということだ。大多数は天皇を敬愛していたことは事実だけど。 

印象的だったのは、学生が「天ちゃん」と呼んでいたこと。これについては特高もいちいち取り締まることはしなかったと記述がある。

しかし私は、怨嗟や恨みつらみのこめられた生々しい発言よりも、朗らかで何気ない「天ちゃん」という言葉の方が強烈な侮辱のように感じた。 

 

f:id:mikuriyan:20171228153554p:plain