齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

日本はなぜweeabooのようなバカ外人に過大評価されるのか

f:id:mikuriyan:20171127142933j:plain

「すばらしい国日本」という幻想がでっち上げられている、という話。

 

Weeabooとは何か。

自らの文化を誹謗し、自分自身のことを日本人と称する非日本人のこと。彼らはアニメを通じて日本語を学習しようとする。通常発音は間違っており、完全なバカに見える。

注意:非日本人は自分の文化と断絶せずとも、日本文化を好きになること、アニメを観ること、日本語を話し、文化を尊重することは可能である。そのような人はWeeabooやjapanophileとは異なる。

 

日本、日本文化、アニメ等に取り憑かれた人。自らを日本人であるかのように演じているが、日本人からはかけ離れている。彼らは日本語を用いるが、通常発音は間違っており、完全にケツの穴のようである。それらのオカマ野郎は、ガイア・オンラインの掲示板にぎっしりいる他、スーパーの輸入品コーナーをうろうろしていたり、地元の書店の漫画コーナーで密集しているのを確認できる。wapaneseの類語。

 

自分のことを日本人と考える、またはそうであることを望む非日本人のこと。しばしばgeekと対応する日本語の「otaku」と混同されやすい。「otaku」という単語はアニメに取り憑かれていることを意味するが、weeabooはそうではなく、アニメだけではなく日本文化すべてに取り憑かれた者を指す。彼らは英語の文章の中に日本語を混ぜることで知られていて、社会からとても嫌われている。

Urban Dictionary: Weeabooより拙訳。 

 

・来日する外国人は頭の悪い「負け犬」や「オタク」ばかりである。

・彼らは日本を過大評価している。「日本が好きな自分が好き」だから。

 

私は日本に住む外国人と交流したことがないので、このことが事実かどうかはわからないが、日本在住のドイツ人Martin Basinger氏によればそうであるらしい。

 

Why are many Westerners relaxed about criticism of their native tradition, but uber-sensitive when it comes to any hard questions about some non-European people they've emotionally 'adopted', e.g. Tibetans or Japanese?

「西洋人の多くが、自分たちの伝統への批判には寛容なのに、チベット人や日本人のような国に感情的に”帰化”した非西洋人についての厳しい質問という段になると、非常に敏感になっていまうのはなぜか?」 (あーあ、よくわからん)

 

という質問に対して、Matin氏の回答(拙訳)

 

その理由は、低い知性と教育レベルの西洋人は、外国の思想や物事、国民を、「同僚に差をつける自動車」のように扱う傾向があるからである。

 

彼らは「武士道は1900年頃発明された」というような実際の歴史や事実には興味がなくて、武士道という言葉を知っている人間のように自分を飾り立てることに関心があるのだ。

 

ほとんどの人がそのことを否定するとしても、それは優越感を持つための方法に過ぎない。例えば、次のような嫌なヤツがいる。

 

「ああ、君はまだ西洋薬を使ってるんだね?ぼくは漢方薬を使っているよ、これはずっと優れていて、だからぼくは君より優れている」

 

「いぇい、ぼくは日本に住んでいたけど日本人は地球上でもっとも礼儀正しい国民だよ、そして彼らは「武士道」精神を生きている、うんたらかんたら」

 

これを聞いている人には、日本人は礼儀正しくないし、武士道を生きてなんかいないといった事実をもって誤りを正すことができない。なぜなら彼らはそんな情報を持ってないし、気にもかけていないからだ。

 

当然だが、外国の概念を適応して自分をよく見せようとする人は、その概念への批判は受けいれることができない――それは優れていなければならない、だから「俺達は」優れている、というように。

 

東アジアの国々は唯一神話と迷信が根絶されていない国々だ。しかも国民はそれらを同じく信じているから、西洋人にとって専門家に指摘される恐れなく使用することのできる「神話的」な情報の最良の源なのだ。

 

これが日本文化のとても多くの間違った神話が除去困難な理由だ。たとえば「サムライ」は気高い人だった、「カラテ」はすごい、「指圧マッサージ」はすごい、「漫画は実際芸術だね」などなど……

 

この傾向はよくわかる。

 

日本かぶれの外国人のメカニズム

日本では、「ドイツかぶれ」、「アメリカかぶれ」は珍しくない。

 

かぶれた人のほとんどはその国に対する適正な認識を持っていない。一週間旅行しましたとか、短期留学してました、というレベルがほとんどである。

彼らは外国についての文化理解に乏しいにもかかわらず、権威を振りかざす。「ドイツが好きな自分が好き」「アメリカが好きな自分が好き」であるに過ぎない。いわばアイデンティティに付加するファッショナブルな記号として利用しているのである。 

 

f:id:mikuriyan:20171127115718p:plain

 

それと同じように、西洋人にも「日本好きな自分が好き」な人が一定数存在するということのようだ。

 

で、Martinはそういう人が誤謬から逃れられない理由を次のように説明している。

 

日本(または中国や韓国)では神話が根絶されていない。

つまり日本人もまた「安全で優れた国日本」という神話を信じているということである。

言ってしまえば、最近増えているような、盲目的な愛国心をもつ日本人もまた、日本を理解していない「日本かぶれ」ということである。

 

これ、けっこう衝撃的ではないか?

 

当然のことだが、日本人は日本に住んでおり、日本のことを世界中でもっともよく知っているはずである。しかし、その日本人が日本という国を本質から理解することができず、自分の国に対して幻想を抱いている。しかも、japanophileやweeabooのような風変わりな少数者だけではない。

ほとんどの国民が、である。

 

「武士道」はMartinが述べているように、明治政府が国民統制に発明したイデオロギーに過ぎない。しかし多くの日本人は、「武士道」を日本人の精神性として認めているだろう。このことは、weeabooやJapanophileと変わらないのである。なぜこのような誤謬に至ったかを、Martin氏は教育とマスコミによる洗脳によって説明しているが、一時期の「日本礼賛」ブームを思い出すに、説得性がある。

 

東南アジアなどを旅行するとよく経験することだが、現地の人と会話している際に「とても気に入ったよ。いい国だね」というようなことを言うと、「そんなことはない。政府は腐っていて、悪いヤツばかりだ」と返されることがある。

 

知識層ではなく、屋台のおかみなんかもそう答えることがある。彼らは自分の国を直視し、その汚点をよく知っているのである。

 

日本ではそのようなことはないだろう。「日本が好き」「日本人が好き」と言われると、まるで自分のことのように喜ぶのである。日本人もまた幻想のなかにいるのだ。このことは、日本に対する批判を受けいれることができないことにもあらわれている。私たちは、「日本人であること」によって「自分は優れている」と思いたいのである。weeabooたちのように。

 

このような状況では、以下のようなループ反応が起きているのではないか。

 

バカ日本人は「日本はよい国だ」だと思う。

バカガイジンは「日本はよい国だ」だと思う。

バカ日本人は、それを受けてさらに「日本はすばらしい国」だと思う。

バカガイジンはそれを受けてさらに「日本はすばらしい国だ」だと思う。

バカ日本人は、それを受けてさらに「日本は世界一優れた国」だと思う。

 バカガイジンはそれを受けてさらに「日本は世界一優れた国だ」だと思う。

 ……

 

この終わらない連鎖によって、日本の現実から加速度的に乖離し、日本という国にたいするイメージが「完全に理想的な国」へと邁進していくのである!

 

 実に神話とは恐ろしいものだ。歯止めが利かない。

 

 

 

ところでこのことは、日本にエリート層が移住してこないことと関係している。

 

エリート層がこない国

アニメオタクを日本人はどう思ってるの?という質問に対するMartin氏の回答。

またこのような指摘もあるだろう。「なぜ日本に魅力を感じる人びとは変人や、さらには「負け犬」の割合が高いのか?」


最近、日本人は日本のことをほとんど完全な国で、ヨーロッパやアメリカのどこよりも「安全」で「良い」国だと考えるようになった。だからこのことが理解できない。なぜエリートの外国人は日本に来たがらないのか――少なくとも少数しか。


このことは、日本人に関する日本の見解が、メディアや教育システムによって植えつけられた神話である理由である。外国のエリートたちはその洗脳を受けていない。

Martin氏の言うことはたしかにわかる。

 

私も前から疑問だった。

日本がほんとうに素晴らしい国なら、なんで世界中の富裕層が移住してこないんだ?

 

f:id:mikuriyan:20171127114542p:plain

移住者は第三世界からがほとんど。どこの国でもそうだろうが……。

 

アメリカやヨーロッパよりも安全で優れた、「何もかもすばらしい国」ならば、相当数の移住者が存在するはずである。言語の問題は重要ではないだろう。第三世界からの移住者は日本語なんてほとんど喋れないだろうから。

 

日本の富裕層など米粒に見えるようなアメリカの成功者たちは、「犯罪だらけの危険なアメリカ」からなぜ日本に移住してこないのか。少なくとも「素晴らしい国」に別荘でも建てて、一年のうちいくらかをそこで過ごすべきではないか?

 

まあ、理由はだいたいわかる。

日本よりもアメリカやヨーロッパの方が明らかに生活レベルが高い。

 

外国が完全なわけではない。欧米には欧米の問題がある。

しかしそのことを加味しても、「日本以外の国の方がいい暮らしができる」ということだろう。

 

Eikaiwa trapに引っかかるようなおバカな日本オタクのホワイト・トラッシュが

おバカな日本女性を孕ませて移住することはあるかもしれない。

(そのような例はかなり散見される)

 

一方で、「欧米に住む知性と教養のある人間がわざわざ日本に住む」という情況は、

よくよく考えてみると、ほとんど非現実的というか、ありえないことのように思える。

 

少なくとも私の場合、言語的、差別的な条件を排して住みたい国を選べと言われたら、

日本は絶対選ばない。欧米の先進国を選ぶだろう。もちろん、これは個人的な意見だが。

 

 おしまい

長くなったが、まとめようと思う。

 

・日本には日本人も信じているような「優れた国」という神話がある。

・無教養な外国人はそれを鵜呑みにする。

・したがって、日本に憧れを持ち、褒め称えるのは知性や教養に欠けたバカばかりである。

・そのことは知性ある人間が日本に移住したがらないことから証明される。

 

 今回まとめていて、日本の現実を直視できていないのは、外国の「日本オタク」だけではなく、

平均的な大部分の日本人も同様であるということに気づいた。

 

私たち日本人は幻想ばかり見せられていて、ほんとうのことは何一つ知らないのではないか?

と、すこし背筋の寒い思いをした。

 

 

ひとつ気になったのは、この国家に対する「神話」は、Martin氏の言うように東アジアにしか存在しないのだろうか、ということである。

多かれ少なかれ他国も同じではないか? という疑念が晴れない。しかし、やはり日本は戦前と何も変わらない、イデオロギーまみれの国なのかな……とも感じる。

 

補記

www.youtube.com

 

日系オーストラリア人のGeorge MillerによるWeeaboo批判があったので紹介。

Weeabooって、「排外主義的な日本信者」というより、「キモオタ」のニュアンスが強いんだな……。