齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

資本主義

資本主義の支配は盤石か

今の日本では、人々の自由が奪われています。 このことに多くの人が同意するでしょう。近年の日本はパソクラシー化していますから。 野放しになった政府の腐敗は「中世ジャップランド」などと言われるように、日本独特の現象だと思われがちです。 しかしどの…

文化としての資本主義――管理される日常

資本主義は病んだ文化である。資本主義は私たちを殺し、病ませる文化である。 資本主義を単に経済システムと考えることはその影響力を過小評価することになります。 いじめ、差別、メンタルイルネス、自殺――そういった社会的問題を考えるときに、資本主義に…

イデオロギーとしての家族

私たちは家族と生活することを選択しているのではない。それに閉じ込められているのだ。Susan Rosenthal 家族――それはもっとも成功したイデオロギーです。 もはや王や教会に屈服することはなくなった私たちです。 しかし家族のためなら自分を犠牲にする。 な…

分断して統治せよ――冷たい社会の起源

私たちはだれもが分断されています。 現代社会は階級社会です。 階級のあるところに支配があり、支配があるところには分断統治divide and ruleがあります。 国家による統治だけではなく、私たちの職場や家庭においても分断統治は存在します。 その結果が「エ…

家族主義――家族教という宗教

家族は廃止すべきです。 かつて、神のために死ぬことは美しいとされました。国家のために死ぬことは美しいとされました。 現代では「家族のために死ぬこと」が理想とされます。映画やドラマでは家族のために自分を犠牲にすることが感動のシーンであり、また…

日本、この生きづらい国

マスコミによれば、この国はすばらしい国である。 日本文化はユニークで優れている。国民は心優しく親切だ。アニメや漫画は実に愉快で、何もかもハイテク。高い技術力と生産力を誇り、治安はよく、料理はおいしい。外国人が憧れてやまない国……ということだ。…

アナーキズムと私有財産

私有財産とは何か。 多くのアナーキストは「私有財産」を悪とみなします。 「アナーキズムの父」プルードンは、大胆にも「私有財産は窃盗であるProperty is Theft」と主張しました。 私有財産は強者による弱者への搾取である――と主張したプルードン氏 私有財…

マルクスの「疎外」とは何か

私たちはこの傷ついた世界を癒やさなければいけない。私たちが今日見る混沌、絶望、無感覚な破壊は、人々が互いから、環境から感じる疎外の結果だ。マイケル・ジャクソン 私たちは疎外されています。 幸福や自己充実感はあなたのものだ。資本主義はそう約束…

金儲けはつまらない

資本主義は退屈です。 現代の最大の美徳は金稼ぎである。金さえ稼げば、バカでもブサイクでも性格が悪くても文句は言われない。文句を言う奴は、ただ劣等感でそう言っているのだ。 現代の最大の信仰も金稼ぎである。金さえ稼げば、幸福な人生が待っている。…

現代人は奴隷である

私たちは奴隷です。 と言ったときに、「そんなはずはない」と答える人が大半だと思います。「奴隷制は過去のものだ」と私たちはなんども教え込まれているからです。 しかし、私たちは奴隷です。別にこれは陰謀論ではありません。 私たちは資本主義社会に生き…

無政府資本主義というデタラメな思想

アナーキストは「支配関係の廃絶」を理想とします。 資本主義は資本家による労働者への搾取を前提としています。これは支配関係です。なので、アナーキストは資本主義に反対します。 しかし、世のなかには無政府資本主義者(Anarcho-capitalism, ancapとも)…

一次元的人間とはなにか―マルクーゼと資本主義

マイホーム、自動車を求めて働く――「普通に」生きていても人生がつまらない理由 「人々は自らを自らの商品のなかで認識する。彼らは自動車、ステレオセット、二階建ての家やキッチン設備のなかに魂を見いだす」(「一次元的人間」) もっとも資本主義を強烈…

科学技術は資本主義に奉仕する

「技術は価値中立的だ」といわれますが、実際には資本主義に奉仕します。 技術(テクノロジー)は、言われるほどすばらしいものでしょうか。私たちを豊かにしているでしょうか。 自動車の誕生によって、私たちは足腰を弱らせメタボに悩まされます。グーグル…

資本主義は自然なシステムか

「資本主義は自然である」と考える人はたくさんいます。 そういった人々は、ダーウィンを誤読していたり、王宮のパトロンを持つホッブズの著書を無批判に信じています。(そもそも、ホッブズって誰? って人も多い) しかしながら、歴史が示すところも、心理…

格差が生みだすアルコール依存

就職してからは、毎晩プレミアム・モルツを飲んでいる私です。金はないのですが、特に買いたいものも食べたいものもないので、ビールにだけはお金をかけています。 私のブログは、だいぶ初期に書いた「ワイン一日一本はアル中なのか?」が人気なのですが、い…

精神医学は資本主義に奉仕する

「資本主義は鬱病である」の続きです。精神医学はだれに奉仕するのか。 個人と社会が、つねに齟齬なくやっていけるとはかぎりません。 Steve Cutts In The Fall - YouTube 個人と社会のあいだに摩擦が生じるとき、「治療」されるべきは個人の場合もあれば、…

いじめと資本主義

強者が弱者から奪うのが資本主義です。 つまり、資本主義は「いじめ」です。 学校におけるいじめは「異常な」「反社会的な」行動ではありません。 多くの人がこのことを直感的に理解していると思います。 いじめっ子は、通常教師にかわいがられている生徒で…

家族は資本主義イデオロギーである

現代では「家族」がかなり理想化されている。家族のために自分を犠牲にすることは良いことだとされる。家族を大切にすることによって、だれが得をするのか?

アナルコ・キャピタリズムはアナーキズムではない

無政府資本主義は無政府主義ではありません。 アナーキズムにはたくさんの種類があります。 アナーキストは「国家を廃絶する」(より正確には、「支配関係を廃絶する」)ことを理想としていますが、その方法や理想とする世界の考え方によってさまざまな分派…

日本人論と資本主義の精神

日本人は勤勉ではありません。長時間労働はだれだって嫌です。しかし、「日本人は勤勉だ」という言説は広く人口に膾炙しています。日本人論は何のために存在し、だれに奉仕するのでしょうか。

資本主義は無思考を基盤とする

資本主義は良い。目を瞑っている限りは 。「考えること。それはだれかがやってくれることだ」という無思考が、資本主義の基盤となっています。

資本主義は鬱病である

精神医学はだれに奉仕するのか?――精神医学は鬱病を個人の問題として取り扱います。しかしほんとうの原因は社会構造に存在します。