齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

生き方

ポジティブ・シンキングは精神を殺す

苦しみは知覚です。 苦しみを失ったとき、人は目を失い、耳を失う。 私たちはつねに笑顔で、元気よくいることが求められます。 現代社会では、苦しむことや悲しむことは異常だとみなされます。ネガティブな感情を抑圧し、除去し、治療することが正しいとされ…

普通の生活というドグマ――順応主義と死の恐怖

――この人たちは、なんのために生きてるんだろう。 生きていて楽しいのだろうか。もっと別の生き方を、なぜ選ぼうとしないのか。 世の中には、退屈な日々を送る人、退屈な思考をしている人ばかりです。石を投げればつまらない順応主義者に当たります。 Outsid…

「本当の人間」はいかに生くべきか

現代社会はクソである。 もしそう思うのなら、あなたは本当の人間です。 現代社会と「本当の人間」の不在 本当の人間を殺す装置としての学校 文明と死の恐怖 孤独のあたたかさ 結論:わがままに生きよう―苦難の道だとしても 現代社会と「本当の人間」の不在 …

天才として生まれることの苦悩

ぶっちゃけていえば、日本で天才が生まれたとしたら……それは悲劇でしかありません。 「受験の天才」ではないですよ。天才ってのは、権威の与える考えではなく、「自分の考え」をもってしまうこと。世間の求めるものではなく、自分のなりたいものになろうとす…

隠遁とその先

隠遁について薄ぼんやりと考えている。 Bai Jin, 1388-1462 「梵我一如」。 究極の認識が、「自己=世界」であるということはさまざまな宗教で指摘されている。 宇宙が自我と世界の両極として現れてくる。人間精神の努力はすべて、この対立の橋渡しの行為に…

隠居生活は幸福なり也

「隠居についてどう思うか」というようなメールを頂いたので考えてみたいと思う。 隠居生活――甘美な響きだ。究極の自由がそこにあるという気がする。何をするのも自由。一日中寝ていてもいいし、知的探求をしても、瞑想をしても、猫と遊んでいてもいい。 私…