齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

資本主義の支配は盤石か

今の日本では、人々の自由が奪われています。 このことに多くの人が同意するでしょう。近年の日本はパソクラシー化していますから。 野放しになった政府の腐敗は「中世ジャップランド」などと言われるように、日本独特の現象だと思われがちです。 しかしどの…

YOUは日本のどこが嫌い?

久しぶりにテレビをつける。 そこで目にするもの。 日本にやってきたガイジンが「私は日本のこれが大好き! あれも大好き! もう全部好き!」とか叫ぶ。 日本のテレビはゴミです。 たしかにそういう浮ついたJapanophileはいるが、それだけではない。 Reddit…

ベーシック・インカムは「クソ仕事」を殺すか

「実際のところ、二時間で一週間分の仕事を終わらせることができるよ――上司には言わないでくれ!」 現代では労働はクソ化しています。 必要で価値のある仕事――例えば介護職、保育士、料理人、道路工、理容師は劣悪な労働環境となり「Shit jobs糞仕事」化して…

文化としての資本主義――管理される日常

資本主義は病んだ文化である。資本主義は私たちを殺し、病ませる文化である。 資本主義を単に経済システムと考えることはその影響力を過小評価することになります。 いじめ、差別、メンタルイルネス、自殺――そういった社会的問題を考えるときに、資本主義に…

文明の病としての鬱病

私たちは決して、屋内で座り続け、社会的に疎外され、睡眠を奪われ、ファストフードの気の狂った速度に対応するようにはデザインされていない。 文明は鬱の始まりです。 文明の発展とともに鬱病が増え続けています。 先日社会的病としての鬱病を書きました。…

イデオロギーとしての家族

私たちは家族と生活することを選択しているのではない。それに閉じ込められているのだ。Susan Rosenthal 家族――それはもっとも成功したイデオロギーです。 もはや王や教会に屈服することはなくなった私たちです。 しかし家族のためなら自分を犠牲にする。 な…

社会的病としての鬱病

鬱病とは何なのか? ということを考えています。 私自身、たまに鬱病のような状態になることがあります。身体が重くなり、ベッドから動けなくなる。自分が完全にバカでうすのろで無価値のように思えてくる。 精神科に受診することはしません。結局、そのとき…

アナーキズムに対する批判

アナーキズムは単純思考のユートピズムか? 「国家や資本主義は自由と平等をもたらしてくれる」と多くの人は信じています。 しかし、アナーキストはまったく逆に考えます。国家や資本主義は諸悪の根源。それらを廃絶したところに幸福がある。 こういった思想…

セオドア・カジンスキーと道徳~後編

暴力に反対することは……プロパガンダを通じて植え付けられた、システムを利する道徳に基づいているのである。実は、これらの人々は単純に洗脳されているのだ。 テッド・カジンスキーの記事、Morality and Revolutionを読みました。 学んだところを書いていき…

畜群と高級な人間――ニーチェの道徳観

今日――偉大さは可能だろうか?(善悪の彼岸) ニーチェは好きですが、彼の思想でいまいち掴めないところがあります。 彼が人類を「高次の人間」と「畜群」とに分けたことです。 この不平等の思想はナチスに利用されました。 優秀な民族が下等な民族を支配す…

セオドア・カジンスキーと道徳~前編

「なぜ人を殺してはいけないのか?」 簡単そうで難しい質問です。 殺人が肯定されうる状況も存在するからです。 正当防衛で人を殺すこと。 重罪人を処刑すること。 国家が戦争で自国や敵国の兵士を殺すこと。 これらは道徳的に許容されうる。 道徳という概念…

「レイプ大国」スウェーデンの不思議

強姦だらけの幸福な国? 10万人あたり69件。 これがスウェーデンのレイプ発生率です(Swedish National Council for Crime Prevention、2014)。先進国中で飛び抜けて多い(日本は同年1.1件)。 スウェーデンは難民を積極的に受け入れる国であり…

完全にパソクラシー化している日本の政治

日本はサイコパスの支配する国? パソクラシーpathocracyという言葉があります。 「少数の病人が大多数の健常者を支配する」 そのような政治形態のことです。 パソクラシーの特徴を調べたら、笑ってしまうくらい日本の現状でした。 日本は狂人に支配された国…

狩猟採集社会はなぜ平等か

一生懸命働く人がワーキングプア。 その一方で月収1000万円の不労所得者がいる。 このような社会は狩猟採集社会では成立しません。 狩猟採集社会では比較的平等な社会が実現していました。 なぜ平等が実現するのか? 狩猟採集社会はなぜ平等か 「富の集…

ルソーの文明批判について

「文明は完全に腐敗している」とルソーは言った。 私たちは文明は進歩してゆくものであり、その進歩は喜ばしいものだと信じています。 文明のないところに贅沢な生活はありません。学問や文化、芸術や文学はない。自動車はなければ冷蔵庫やスマホもない。 し…

なぜいじめが起きるのか

「わあ、なんで学校でいじめが起きるんだろう!」と疑問に思う人はバカです。 学校でいじめが起きなかったらそれこそ異常です。 私たちの社会はいじめによって成り立っています。 家庭、職場のみならず、どこにでもいじめは存在します。 どうして学校だけい…

アナーキストはなぜ国家に反対するか

アナーキストはなぜ国家に反対するのでしょうか。 国家が悪だからです。 「良い国家」が存在するはずだ。 それは実現可能だ。 私たちは良き国家を追い求めるべきだ。 と人々は誤解しています。 しかし、「神の存在」が永遠に証明できないのと同じように、 「…

よき人生の鍵は「自己決定理論」にある

あなたのやり方で生きるくらいなら、自分の人生で死んだほうがまし。 Lauren Oliver, Delirium 今日は自己決定理論(Self-determination theory, SDT)について紹介します。 自己決定理論とは、健やかに楽しく生きるためには自己決定が必要だという考え方で…

褒める教育のまちがい――報酬型教育の危険

処罰と報酬はコインの表裏である 子どもたちを罰するのはよくない。 褒めることが「進歩的な」教育だ――。 こういった考え方は一般的です。 しかし報酬を与えることは、子どもたちを都合の良いように操作し、管理することに他なりません。 「報酬型」の教育は…

マルクス主義はなぜ全体主義化するか?

マルクス主義は自由と平等に始まり、支配と抑圧に終わった 共産主義を目指す国家は抑圧的でした。 独裁政権による全体主義化。 民衆虐殺(デモサイド)。 共産主義は理念としてはすばらしいが、理想主義にすぎない、としばしば言われます。 あらゆる抑圧から…

分断して統治せよ――冷たい社会の起源

私たちはだれもが分断されています。 現代社会は階級社会です。 階級のあるところに支配があり、支配があるところには分断統治divide and ruleがあります。 国家による統治だけではなく、私たちの職場や家庭においても分断統治は存在します。 その結果が「エ…

家族主義――家族教という宗教

家族は廃止すべきです。 かつて、神のために死ぬことは美しいとされました。国家のために死ぬことは美しいとされました。 現代では「家族のために死ぬこと」が理想とされます。映画やドラマでは家族のために自分を犠牲にすることが感動のシーンであり、また…

悪の核――「ダーク・コア」見つかる

人間の悪の根源――ダーク・コア見つかる。 ダーク・コア。 良い響きの言葉だ。 物質や病変としての「悪の核」が見つかったわけではない。 悪人を示す、ひとつの心理学的指標が見つかったようである。 Last Judgement by Fra Angelico(前も使った) ダークコ…

異常に社会的支配傾向の高い国、日本

犬が犬を喰らう国 社会的支配傾向(Social dominance orientation, SDO)という比較的最近の心理学のスケールがある。 簡単にいえば、特定の集団が他の集団を支配することを良い、好ましいと考えるような態度のことである。そして統計によれば、日本は社会的…

無政府主義と共産主義の違い

無政府主義と共産主義の違いは、簡単なようで難しい 無政府主義と共産主義の目指す社会は似ています。 いずれも目指しているのは階級のない、完全に平等な社会。 資本主義と無政府主義は敵対しますが(アナルコ・キャピタリズムはアナーキズムではない)資本…

日本、この生きづらい国

マスコミによれば、この国はすばらしい国である。 日本文化はユニークで優れている。国民は心優しく親切だ。アニメや漫画は実に愉快で、何もかもハイテク。高い技術力と生産力を誇り、治安はよく、料理はおいしい。外国人が憧れてやまない国……ということだ。…

心の病は社会の問題か、個人の問題か

資本主義下で精神的に健康であることは不可能である Susan Rosenthal 「死にたい」という感情は合理的です。 毎日辛い日々を送っている人が、これからの人生でも辛い日々を送らなければならないことが明白なら死にたくもなるでしょう。 だれだって満員電車は…

頭の中の歯車――シュティルナーの思想

人間よ、君の頭のなかにはおばけが出る。 君の頭は狂っている! ドイツの哲学者、マックス・シュティルナーは言いました。 彼の主張は、150年たった今の日本にも十分に当てはまります。 人びとはありもしないものを信じており、しかもその信仰が日々強化…

宗教は権威主義である

権威主義者は宗教にハマりやすい。 ……と、「水は低きに流れる」ような当たり前のことが書かれていたので紹介します。 権威主義的パーソナリティとは、「硬直化した思考により強者や権威を無批判に受け入れ、少数派を憎む社会的性格(パーソナリティ)のこと…

犬好きと支配的人格

イヌが好きです。 イヌ好きの人が苦手です。 そんな人は多いのでは? イヌ好きは支配的な性格の傾向がある、という研究があったので紹介します。 Arugula and his dog by Raphael Kirchner [:contents] イヌと人類 はじめて家畜化された動物 イヌは人類に最…