齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

齟齬

お知らせ:mikuriya-tetsu.comに引っ越しました

このブログは引っ越します。

あけましておめでとうございます。 諸事情によりはてなブログを離れることにします……。 新サイトはこちら。mikuriya-tetsu.com 新年の記事も書いています。 ・そして2019年へ 齟齬 なぜ移動したのかも書いています。 ・なぜはてなブログからWPへ? – 齟…

アナーキズムと犯罪――殺人、レイプにどう対処するか

「私がいなくなれば、二度と雨が降らなくなるだろう」 人々を騙す悪いシャーマンが言いました。 国家が必要だとする人は、このシャーマンを信じることと似ています。 もしも国家による管理統制がなければ? 「万人に対する万人との闘争だ」 「人間にとって人…

「非暴力主義」がインドを独立させたのか

非暴力活動家によって主張されるすべての勝利には、歴史の操作と隠蔽された証拠のパターンが見られる。 ピーター・ゲルダルース インドの独立は非暴力運動によって実現したとされています。 これを根拠に、暴力は何も生み出さないのだ、あるいは非暴力運動は…

本当の個人主義とは何か

子ども「なぜ人を殺してはいけないの?」 個人主義者「殺してよい。だれかが命じるのではなく、あなたが心の底から望むのであれば」 「個人主義者」と聞いてどのような人を思い浮かべるでしょうか。 利己主義者。 一人で行動する人。 非協調的な人。 いずれ…

義務教育――子どもたちを閉じ込める監獄

「なぜこんなことを勉強しなければいけないの?」 「こんなことが将来役に立つの?」 「役には立たない。学校教育とは何か。君たちを管理し、強制し、無意味なことを教え、無能化し、机に縛りつけて自由を奪い、服従させることだ。服従させる、それが学校教…

自然と文明の戦場としての主体

「狂気は個人にあっては稀なことである。しかし集団・民族・時代にあっては通例である。」 (「善悪の彼岸」ニーチェ) アナーキズムの文明批判を考えていると、次のことがわかります。 現代社会では人間の精神は二つに引き裂かれています。 つまり、自然的…

10歳の少年に学ぶアナーキズム

「驚くべき10歳の少年ですよ……彼はまったくの歴史家で、学校新聞の編集者です」 「実に興味深い」 10歳児に学ぶ――ただし、劇中の人物です。 チャップリンの映画「ニューヨークの王様(A King In New York)」のなかに、非常にアナーキーな少年が登場したので…

3.11――「社会的大災害」でも目の覚めない奴隷

どうぞ服従を続け、これまでそうして生きてきたように静かに死んでください…… あなたの主人より。 「ご主人様」から私たち奴隷への書簡を見つけました。 東日本大震災に関する手紙ですが、いつ書かれたかは不明です。 公開書簡「あなたの主人より」 まとめ …

子どもは現代社会の奴隷である

抑圧的な社会では、必ず子どもたちが犠牲になる 現代の子どもたちは奴隷です。 彼らは本質的に未熟で劣った存在とされ、教育や指導が必要な存在だとみなされる。 子どもたちは学校という名前のついた監獄に閉じ込められることが強制されます。 子どもは親を…

賃金奴隷制について

金銭のために労働をすることは、自分自身を売ることであり、自らを奴隷の地位に貶めることである。キケロ もしアリストテレスがここにいたら、彼はイギリスやアメリカのような国の人々のほとんどが奴隷であると考えるだろう。デイヴィッド・グレーバー 奴隷…

反国家勢力としてのアイヌ民族

その昔この広い北海道は、私たち先祖の自由の天地でありました。天真爛漫な稚児の様に、美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼らは、まさに自然の寵児、何という幸福な人たちであったでしょう。……平和の鐘、それも今は昔……(『アイヌ神謡…

クリエイターとして食べるための「1000人の本当のファン」

クリエイターとして食べていくにはどうすればいいのか? クリエイターとして成功するためには数百万も必要ではない。数百万ドルは必要ないし、数百万の客も必要ではない。 手芸家や写真家、音楽家、デザイナー、著述家、アニメーター、アプリ制作者、起業家…

「使えない」左翼という存在

本物の、純正の反逆は洗練された左翼知性に乗っ取られる。……彼らは反逆を操作し、裏切り、そして自らの目的のために変態化させる。左翼はこれをなんども繰り返している。人々はいつになったら学習するのだろうか?(Marcos Loves Modernization) 左翼――それ…

資本主義の支配は盤石か――ハンス・ホルツの思想

今の日本では、人々の自由が奪われています。 このことに多くの人が同意するでしょう。近年の日本はパソクラシー化していますから。 野放しになった政府の腐敗は「中世ジャップランド」などと言われるように、日本独特の現象だと思われがちです。 しかしどの…

YOUは日本のどこが嫌い?

久しぶりにテレビをつける。 そこで目にするもの。 日本にやってきたガイジンが「私は日本のこれが大好き! あれも大好き! もう全部好き!」とか叫ぶ。 日本のテレビはゴミです。 たしかにそういう浮ついたJapanophileはいるが、それだけではない。 Reddit…

ベーシック・インカムは「クソ仕事」を殺すか

「実際のところ、二時間で一週間分の仕事を終わらせることができるよ――上司には言わないでくれ!」 現代では労働はクソ化しています。 必要で価値のある仕事――例えば介護職、保育士、料理人、道路工、理容師は劣悪な労働環境となり「Shit jobs糞仕事」化して…

文化としての資本主義――管理される日常

資本主義は病んだ文化である。資本主義は私たちを殺し、病ませる文化である。 資本主義を単に経済システムと考えることはその影響力を過小評価することになります。 いじめ、差別、メンタルイルネス、自殺――そういった社会的問題を考えるときに、資本主義に…

文明の病としての鬱病

私たちは決して、屋内で座り続け、社会的に疎外され、睡眠を奪われ、ファストフードの気の狂った速度に対応するようにはデザインされていない。 文明は鬱の始まりです。 文明の発展とともに鬱病が増え続けています。 先日社会的病としての鬱病を書きました。…

イデオロギーとしての家族

私たちは家族と生活することを選択しているのではない。それに閉じ込められているのだ。Susan Rosenthal 家族――それはもっとも成功したイデオロギーです。 もはや王や教会に屈服することはなくなった私たちです。 しかし家族のためなら自分を犠牲にする。 な…

社会的病としての鬱病

鬱病とは何なのか? ということを考えています。 私自身、たまに鬱病のような状態になることがあります。身体が重くなり、ベッドから動けなくなる。自分が完全にバカでうすのろで無価値のように思えてくる。 精神科に受診することはしません。結局、そのとき…

アナーキズムに対する批判

アナーキズムは単純思考のユートピズムか? 「国家や資本主義は自由と平等をもたらしてくれる」と多くの人は信じています。 しかし、アナーキストはまったく逆に考えます。国家や資本主義は諸悪の根源。それらを廃絶したところに幸福がある。 こういった思想…

セオドア・カジンスキーと道徳~後編

暴力に反対することは……プロパガンダを通じて植え付けられた、システムを利する道徳に基づいているのである。実は、これらの人々は単純に洗脳されているのだ。 テッド・カジンスキーの記事、Morality and Revolutionを読みました。 学んだところを書いていき…

畜群と高級な人間――ニーチェの道徳観

今日――偉大さは可能だろうか?(善悪の彼岸) ニーチェは好きですが、彼の思想でいまいち掴めないところがあります。 彼が人類を「高次の人間」と「畜群」とに分けたことです。 この不平等の思想はナチスに利用されました。 優秀な民族が下等な民族を支配す…

セオドア・カジンスキーと道徳~前編

「なぜ人を殺してはいけないのか?」 簡単そうで難しい質問です。 殺人が肯定されうる状況も存在するからです。 正当防衛で人を殺すこと。 重罪人を処刑すること。 国家が戦争で自国や敵国の兵士を殺すこと。 これらは道徳的に許容されうる。 道徳という概念…

「レイプ大国」スウェーデンの不思議

強姦だらけの幸福な国? 10万人あたり69件。 これがスウェーデンのレイプ発生率です(Swedish National Council for Crime Prevention、2014)。先進国中で飛び抜けて多い(日本は同年1.1件)。 スウェーデンは難民を積極的に受け入れる国であり…

完全にパソクラシー化している日本の政治

日本はサイコパスの支配する国? パソクラシーpathocracyという言葉があります。 「少数の病人が大多数の健常者を支配する」 そのような政治形態のことです。 パソクラシーの特徴を調べたら、笑ってしまうくらい日本の現状でした。 日本は狂人に支配された国…

狩猟採集社会はなぜ平等か

一生懸命働く人がワーキングプア。 その一方で月収1000万円の不労所得者がいる。 このような社会は狩猟採集社会では成立しません。 狩猟採集社会では比較的平等な社会が実現していました。 なぜ平等が実現するのか? 狩猟採集社会はなぜ平等か 「富の集…

ルソーの文明批判について

「文明は完全に腐敗している」とルソーは言った。 私たちは文明は進歩してゆくものであり、その進歩は喜ばしいものだと信じています。 文明のないところに贅沢な生活はありません。学問や文化、芸術や文学はない。自動車はなければ冷蔵庫やスマホもない。 し…

なぜいじめが起きるのか

「わあ、なんで学校でいじめが起きるんだろう!」と疑問に思う人はバカです。 学校でいじめが起きなかったらそれこそ異常です。 私たちの社会はいじめによって成り立っています。 家庭、職場のみならず、どこにでもいじめは存在します。 どうして学校だけい…

アナーキストはなぜ国家に反対するか

アナーキストはなぜ国家に反対するのでしょうか。 国家が悪だからです。 「良い国家」が存在するはずだ。 それは実現可能だ。 私たちは良き国家を追い求めるべきだ。 と人々は誤解しています。 しかし、「神の存在」が永遠に証明できないのと同じように、 「…