齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

文明は悪である――反文明主義

文明は悪ではないのか。

私たちは文明を捨てるべきではないか。

 

文明によって私たちは豊かになった、とされます。文字、鉄器、電球、機関車、冷蔵庫、スマホ。

 

しかし、私たちは本当に豊かになったでしょうか?

 

f:id:mikuriyan:20180613225235p:plain

This Is Our World By Steve Cutts - YouTube

 

  • 狩猟採集民は一日2、3時間くらいしか働いてませんでした。私たちは、一日8時間働かなければ食べていけません。
  • 狩猟採集民は一日で家を建てました。でも、私たちは家を持つために何十年間も働かなければいけません。
  • 私たちは防腐剤や添加物によって食べたいものを何でも食べられますが、狩猟採集民は千種類以上の新鮮な食材をただみたいなコストで食べてました。
  • 私たちは抗生物質を発明しました。しかし、狩猟採集民の人口密度は小さく、感染症と無縁でした。
  • 私たちは自動車を発明しました。しかし、狩猟採集民の力強く健康的な身体を失い、薬漬けになりました。

文明ってクソだ、文明って悪だ――そんな気がしてきませんか?  

文明は本質的に悪、なのかもしれません。

 

文明に対する批判

Ran Prieurというアナーキスト兼社会主義者が2005年に書いたCritique of Civilization FAQ より、一部引用。


「文明批判」とはどういうことか?

私は文明を、文明の持つ神話によってではなく、それを取り巻く外側から見ることによって批判する。

 

例えば、私たちは人間の先史時代は、現代のような世界に「改良」されるための一時的な移行期なのだと教え込まれる。実のところ、私たちは地面を耕しているよりも、100倍長い時間、狩猟民として生きてきた。そして今の私たちの時代こそが、一時的で、不安定で、短命なのである。「原始的な」人々が人間の標準であり、文明こそが失敗した実験であるというような再構成が、文明批判である。

 

もうひとつの例:私はあなたの家を破壊し、家族を殺し、あなたを監獄に閉じ込め、あなたの物をすべて捨て、私の好みに合うように整え、そして私はそのことを「成長」と読んだ。なぜなら私はひとつの家を持っていたが、いまでは二つの家をもっているから。そして私はそれを「発展」と呼ぶ、なぜなら私は君のものを自分のものにしたから。このことが、まさに文明によって、自然に、非人間に、そして自然的な人間に、他の文明の人々にさえ、行われてきたことなのである。 

文明って、そんなに悪くないでしょ?

中央および南西アジア、そして地中海はもともと森林だった。古代帝国は、隣国を制服するために、武器をつくる金属を溶かすために、船を作るために、木を切り倒した。これがすべての「成功した」文明のパターンである。

 

すなわち、地球の生命をより多くの征服と土地を得なければならない大きな人口に変換することである。ガンのように数千マイルに広がることであり、彼らの通ったあとは、すべての住処と文化を破壊することである。彼らが完全に狂って、土地を枯渇させ、破滅するまでは。

もちろん、だれもが自動車は悪だと知っている。しかし、文明の良い点である、医療の進歩などはどうか?

ほとんどの産業的な医薬品は、まず、先に産業文明によって生みだされた病気や怪我を治すために存在している。たとえば心臓病やガンや交通事故など、自然には稀か、あるいは存在しなかった。そして医療はほとんどそれらを治療することができず、唯一の成功としては、病気を長引かせ、より医療システムの権力を強め、私たちの生活を完全に依存させることを可能にするだけである。

高血圧や高脂血症、糖尿病などの「成人病」や、精神医学について特に当てはまりますね。

 

臨床医学の誕生

文明以前には、諸民族は最も単純かつ必然的な病気にしかかからなかった。……社会的身分の序列を上へ昇って行くに従って、また個人のまわりに社会的な組織が圧迫を加えるに従って、「健康は次第に減って行くようにみえる。」病気は多様になり、また合併する。その数は「市民階級の上層において」すでに大きいが、「……社交界のひとにおいては、最大限に大きい」(臨床医学の誕生/M. フーコー)

原始人類は30年しか生きられなかった。健康上の問題があったのでは?

非文明的な人々は文明化された人々よりも健康であり、長生きする傾向があった。先史時代の人々について、私たちは彼らの骨しか見ることができない。Jared Diamondの書いた"The Worst Mistake in the History of the Human Race"から引用しよう。

 

「スプーン川とイリノイの川の合流地点近くに位置するディクソンマウンズにおいて考古学者は800本の骨格を発掘した。AD1150年あたりに集中的なトウモロコシ栽培が狩猟採集民文化に台頭したときに起きた健康の変化を表すものだった。……

 

狩猟採集民とくらべて、農民たちの歯のエナメル質を欠いているものが50%上昇していた。このことは栄養失調が悪化したことを示している。また、農民たちの鉄欠乏性貧血は四倍に増えていた(porotic hyperostosisと呼ばれる骨の状態によって証明される)。また、感染症を示す骨病変が3倍増えており、過酷な労働による脊椎の変性の増加が見られた。」 

農耕社会は3Kのブラックなのです。

原始人類の殺人率は高いと本で読んだけど。

もちろんそうだ、個人がだれかを斧で殺した数だけを君が数えるなら! 高度に複雑な社会は、より強力でかすかな殺人という贅沢品を持っている。

 

私はすべてのガンは殺人だと考える。ガンは産業革命以前には非常に稀であり、農業革命以前にはさらに少なかった。人々は感情的な苦痛と有毒な環境要因にさらされており、がんになる。そして人々がその要因を生みだす決定をし、可能にしているのだから、これらは殺人である。

 

すべての交通事故は、車がなければ生きていけない社会の殺人である。心臓病はトランス脂肪酸や他の製品によって利益を得る人々、その株主による殺人であり、肺がんはタバコ会社による殺人である。 

もし原始人類が文明人より優れているなら、どうして彼らは負け続けるのか?

それはまるで、もし私が君を殴り倒せば、君より優れていることになるかのようだ。戦争と征服ばかり注力する国は、つねにリラックスと遊びに注力する国を打ち負かすだろう。何百年に渡って高い人口密度に生きていた人々は流行病とその免疫をもっているが、孤立した部族にいた人々は、彼らに接触しただけで死んでいった。

ネイティブアメリカンは感染症で死にましたね。というか、白人は意図的にインディアンを殲滅するために病原菌のついた毛布などを贈呈していました。生物兵器ですね……。

人間は本質的に悪なのだろうか?

本質的に危険だ、と私はいいたい。私たちのふるまいの大部分は文化によって決まり、そして私たちは他の動物よりずっと柔軟である――私たちは非常に優れた行動パターンを持つ力を持っているし、非常に悪いものを持つこともできる。 

これには完全に同意します。

つまり君は世界を石器時代にしたいんだね?

「石器時代」という言葉はトリックだ。

 

サメは過去1億年間、ほとんど変化しなかったが、私たちは彼らがそこに同じようにいつづけることに成功したのだと考えるだろう。人類は100万~200万年間、自然に適合して生きてきた。そして1万年前、私たちのいくらかが明らかにうまくいかない違うことをしようとしている。100万年における1万年は、一時間における36秒に過ぎない。

まとめ

「今の私たちの時代こそが、一時的で、不安定で、短命なのである」

 

私たちは初期人類を未開、未成熟と考えがちです。 私たちは彼らより開明で、賢く、善良なのだと。しかし、実際はまったく逆なのかもしれません。

 

f:id:mikuriyan:20180613224831g:plain

Insatiable by Theodore Bolha and Chris Davis.

 

原文を読む限り、Ran氏は、直接的な反文明運動には否定的なようです。私もその姿勢には賛同します。結局、「文明が悪である」という可能性を、ひとびとが少しでも考えることができれば、それによって社会の改善が見込めると思うのです。

 

私は反文明主義には懐疑的ですが、文明は現代では神話化されていますから、それを批判的に考察し、相対化することは非常に重要だと考えます。

 

文明は、客観的に見ると、なにか伝染病のようにも思われてきます。