齟齬

社会とマイノリティの「齟齬」を描く御厨鉄のブログです。

資本主義は自然なシステムか

「資本主義は自然である」と考える人はたくさんいます。

 

そういった人々は、ダーウィンを誤読していたり、王宮のパトロンを持つホッブズの著書を無批判に信じています。(そもそも、ホッブズって誰? って人も多い)

 

しかしながら、歴史が示すところも、心理学の示すところも、人間の本性は争うよりも助け合い、奪うよりも分け与え、支配よりも平等を好み、楽しく自由に生きることを望んでいました。

 

それではなぜ私たちは競争し、奪い合うような資本主義社会に生きているんでしょうか?

 

本当は血なまぐさい資本主義

Steve KlabnikのAnti-capitalism 101 | The Anarchist Libraryのhistoryの項より。Steve氏は、Mozillaにいたこともあるプログラマーで、ポスト構造主義思想に傾倒してるとか、よくわからん人です。

 

資本主義は「自然な」システムかのように見える。人間のコントロールを超えた力によって動かされる、山々や大地のように。最終的には、人間の本性に基づく経済システムだとされる。しかし、資本主義は「自然な力」によって確立されたのではない。地球全体における、膨大な激しい暴力によって実現したのである。

 

まず最初に、「先進的な」国々において、エンクロージャー(囲い込み政策)によって、自給自足の農民たちが共同体的な土地から引き剥がされ、工場で働くために都市へと投げこまれた。それに対するあらゆる抵抗は破壊された。賃金労働者となることを拒否する人々は、浮浪者法によって逮捕され、拷問、流刑、死刑を受けた。イギリスにおいては、ヘンリー8世の支配下だけで、72000人の人々が死刑を受けた。

 

後期の資本主義は、西側の帝国主義者による侵略と征服によって広まっていった。人々は各々の土地から、賃金労働のために引き出されることによって、多くの文明は残酷に破壊されていった。日本のように征服をさけた国々は、他の帝国権力と競争するために自ら資本主義に適応したのであった。資本主義が広まったところではどこでも、農民や初期労働者の抵抗があった。しかし膨大のテロ(恐怖)や暴力によって最終的には鎮圧された。

 

資本主義は、人間の本質から生じる自然の本性から生まれたのではなかった。そうではなく、エリートによる組織暴力によって広がったのである。土地と生産手段の私有財産という概念は、今では自然なものに思えるかもしれない。しかし私たちは、それらが征服によって強制された人工的な概念であることを覚えておく必要がある。同様に、労働力以外売るものを持たない人々の存在は、常にあったものではない――全員によって共有された土地は権力によって押収され、持たざる人々は飢えや処刑の恐怖のもと、賃金のために働かなければならなかった。資本が拡大するにつれ、世界人口の大部分を構成するグローバルな労働者階級が生みだされた。資本は彼らを搾取し、同時に彼らに依存する。

 

人々は無批判に資本主義を受け入れたのではなかった。無数の抵抗が生じていました。

 

「エンクロージャー」というキーワードが出ています。これは、共用地だった農地が完全に私物化された政策を意味します。

 

土地から追放された農民は、資本主義成立の重要な条件でした。彼らは生産手段を持たず、土地に縛られない、「二重に自由な労働者」、つまり「プロレタリアート」となりました。彼らが徹底的に搾取されることから資本主義がスタートします。

 

イギリスやオランダなどの「先進的な」国における初期の資本主義では、浮浪者が徹底して処罰されました。はじめは無職でゴロゴロしている人や浮浪者を、殺したり追放したり焼きごてや入れ墨でいじめてたんですが、あまり効果はありませんでした。時が経つにつれ、徐々に「懲治場」という収容施設で無理やり働かせ、「労働能力を身に着けさせる」「適応能力を身に着けさせる」方向へとシフトしていきました。これは、現代の刑務所のルーツでもあります。

  

f:id:mikuriyan:20180608185809j:plain

 

ちなみに娼婦もそのときから摘発され収容されるようになりました。彼女たちは、自らの肉体や魅力という「生産手段」をもっていましたから、資本主義的には都合が悪かったのかもしれません。これは今思いついたことですが……。

 

あとは精神障害者や聞き分けの悪い児童も懲治場に投げ込まれました。ようは、賃金労働者に不適格な者は施設によって矯正されるようになったのです。

 日本の農民も資本主義に抵抗していた?

「資本主義が広まったところではどこでも、農民や初期労働者の抵抗があった。」とあります。実は日本でも農民の抵抗がありました。

 

明治維新の数年後、1876年に起きた伊勢暴動 - Wikipediaは、5万人以上が刑罰を受けた(!)超巨大な一揆でした。一般的には地租改正への反対運動と解釈されていますが、警察や学校も破壊されていますし、反近代国家=反資本主義運動と考察することもできるかもしれません。

 

f:id:mikuriyan:20180608184226j:plain

資本主義は暴力によって成立した

農耕はクソなので狩猟採集民からは拒絶されていました。それと同じように、「資本主義とかクソだる~」な人たちもたくさんいたということです。歴史は「勝者の物語」なので、そういったことはあまり描かれませんが。

 

結局資本主義とはなんでしょうか? 一部の支配層が、暴力や恐怖による強制によって、私たちに押しつけたものです。もし資本主義が人間の本能に適うものであれば、暴力なんて必要ないはずですね。

 

資本主義は人間の本性に反した、不自然なシステムということです。

 

関連:資本主義は無思考を基盤とする - 齟齬