齟齬 ―おっさんと社会の

毎日更新しています。

ゴリラの生き様

ゴリラとチンパンジーが気になっている。

 

気になるゴリラ、ゴリラリラ……。

 

 

 

人間とはなんぞや?

 

というテーマは、とっても難しい問題である。

 

かつては神学や哲学がそれを説明した。

 

 

人間は、神に似せて造られたのだ……

 

とか、

 

人間は、ゆいいつ理性を持つ存在である……

 

とか。

 

 

 

 

しかしそこに、ダーウィニズムがやってくる。

 

ヨーロッパ人にとって、

 

進化論は超絶インパクトを与えたらしい。

 

人間が猿の子孫だったなんて!

 

まあ、猿と霊長類は違うとしても……

 

 

いまでもアメリカでは、

 

進化論を紹介しないというが……(聖書ともろに矛盾するからね)

 

 

 

明治時代、エドワード・モースが東大で進化論を紹介するときに、

 

「さぞびっくりするだろうな~^^

 信じてくれるかな~^^」とモースはワクテカしていたようだが、

 

東大生たちは

 

「それは理に適ってるな~」とあっさりした反応だったという……。

 

そう、アニミズム的な価値観をもつ日本人には、

人間が動物の一種であることは、当然なのであった……。

 

 

 

だいぶ話がそれた、が。

 

人間とはなんぞや?ということを知るために、

 

霊長類を調べようと思っている。

 

 

ゴリラ、ボノボチンパンジー、人間

 

このうち、嘘みたいに平和なのがゴリラとボノボ……。

 

凶悪なのはチンパンジーと人間……。

 

 

私は、パヨクさんのように性善説を信じていたのだが……

 

人間の歴史を見るとどうみてもチンパンの系譜だよなあ……と

 

最近になって悟ったのである。

 

 

この手の研究に関しては、京大が先駆的らしいので、書籍を買おうと思っている。

 

一個、おもしろいレビューがあった。

 

ゴリラのリーダーは、仲間から担ぎあげられてなるもので、力ずくでなるものではないそうだ。鷲田先生によると、リーダーとは、人の意見を聞き、多様性を認め、敗色濃厚になったら、大切な人を先に逃して、その人たちが安全なところにたどり着くまで、敵のいちばん近くで踏ん張る人のことだという。

(Amazon 都市と野生の思考 Amazonカスタマーのレビュー)

 

ゴリラ、かっこよすぎるだろ!

 

 

 

 

 

f:id:mikuriyan:20171107221955p:plain

 

さいきんは少女漫画もゴリラ回帰らしいが……。

 

旦那にするなら人間よりもゴリラのほうがいいかもしれんな~。

 

 

嫁がゴリラは嫌だが……。

 

 

 

 

※今後は、毎日更新しようと思っています……。雑文レベルですが。