憎悪で構築される社会

私の人生は台無しになった!

 

とだれもが思っている。こういう人は他人の人生を潰したがる。

 

ひとりひとりの些細な感情が、渦巻いて、社会を構築・維持している。ものすごいエネルギーだと思う。

 

俺の私のぼくのあたいの我の人生は台無しだった!どうしてだろう!なぜこんなことがあるのだろう!わからない……わからないが、輝ける若い美しい壮健な人生がそこにあることが「耐えられない」!

 

「よかれ」と思ってする。「正しい」と思ってする。「当前のこと」と思ってする。「義務だから」と思ってする。ささいなこと。ささいなことが積み重なって、個人を殺す。

 

少しくすんだ色の風が集まって、ドス黒い竜巻となって襲いかかる。かつて人よりも健康で美しかった人は、鬱になったり自殺したり引きこもりになったりさせられる。否応なく。

 

極めて合理的な、明文化された社会は、一枚覆いを剥がしてしまえばドロドロした怨恨が渦巻いている。一回気づいてしまうと、厭世的な気分になるね。