齟齬 ―おっさんと社会の

毎日更新しています。

ヤクザがわかれば日本がわかる

500ページ近くの大著、「ヤクザはなぜ消滅しないか」を読んだ。

 

やはりヤクザのことがわかれば、日本のことがわかるように思う。

 

 

私はつねづね、日本の都市景観、田舎の景観が汚いことを嘆いてきた。

 

 

 

護岸工事や道路工事によって、素朴な景観が失われている。

 

 

f:id:mikuriyan:20171118150159j:plain

日本の河川の大半は、護岸工事によって側溝のドブのようになっている。

 

また林道工事によって山は削り取られ、コンクリートで固められた。

 

f:id:mikuriyan:20171118150759j:plain

 

じつにキタナラシイ。

 

もちろん、なかには必要なものがあるだろう。

 

しかしほとんどは、数千万円数億円かけて行う必要のない工事ばかりである。

 

ある程度林道ツーリングを楽しんだことがある人ならわかるだろう。

 

「こんなところまで!?」というような道まで、ばっちり舗装してある。

 

二、三日に一台車が通れば御の字のようなピストン林道(行き止まりでどこにも繋がらない道)が、である。

 

 

自然を破壊し、痛めつけ、コンクリートをがーっとかけることにかけては、

日本人は世界一に違いない笑

 

同じように日本の景観を嘆くアレックス・カーは、

日本人は世界一コンクリートを消費していると指摘していた。

 

 

で、昔からなんで日本人は土建工事が好きなんだ? ということが疑問だったのだが。

 

公共事業がヤクザマネーに繋がることを知って納得。

 

 九〇年代をとおしてヤクザにもっともカネを稼がせたのは、おそらく日本政府だっただろう。この一〇年間、政府はカネをばらまいてどうにか不況から抜け出そうと務めたが、そのための中心的方法だったのが膨大な公共事業計画。これは過去最大と言われ、九一年から二〇〇〇年にかけて政府は三兆五000億ドルというとてつもない金を費やした。
 もちろん公共事業は、ヤクザのお気に入り職種の一つだった。ある意見によれば、全公共事業のおよそ三〇~五〇%に暴力団への利益供与がからんでいると推定。通常こうした契約の一~五%がヤクザにピンはねされるのだから、この推定によれば少なくとも一〇五億ドル、ひょっとすると八七五億ドルもの大金を暴力団がかき集めたかもしれない。(同著)

 

日本経済がヤバイって時期に、公共事業を通じてヤクザにカネを流していた日本政府。

 

その目的は、謎である。

ほんとうに経済効果を狙っていたのかもしれないが……

90年代の不況時には、ヤクザも困窮していたので助けようとしたのかもしれない。

 

なんせ、ヤクザは政府の大事なお仲間。

国民そっちのけで助けるでしょう……。

 

そんなわけで、寒村のボロボロの家屋の前を、

真新しい道路がびしっと走るような

日本特有の光景が作られたのであった……。

 

日本政府の伝統的な「公共事業好き」 は、

「ヤクザ好き」と言い換えてもよいだろう。 

 

 

ヤクザとずぶずぶ 金金金日本

先日、後藤忠政の本を読んだことを書いた(立ち読みだけど)。

 

mikuriyan.hateblo.jp

 

そこで「ヤクザはかっこいいな~」とおっさんは思った。

 

「おもしろくなければテレビじゃない!」とか以前言われていたが、

「かっこよくなければヤクザじゃない!」と思う。

 

もちろん、ヤクザが多数の人を殺し、傷つけ、脅し、騙してきたことは知っている。

 

だが、結局のところ、どこの国でも反社会勢力は存在する。

そういった勢力をどのように扱うか、が重要である。

 

 

日本以外の先進国は、警察権力によって秩序づけようとした。

 

しかし日本は、公権力とずぶずぶになったわけで笑

 

 

政治家、官僚、皇室、財界、警察、あるいは宗教組織。みんな仲良し。

 

反社会的勢力が反社会的なのは当たり前。

 

でも、警察みたいな組織がヤクザと仲良しになったらいけないでしょ?

 

だから私は、上のような連中の方がずっとタチが悪いと思う。

 

 

後藤元組長の本だけ読めば、知識が偏るだろうと思い。

 

今、外国人ジャーナリストによるこの本を読んでいる。

 

 

この本、ヤクザと日本の近現代史の関わりを知る上では非常に役立つ。

 

ヤクザを軸にしないと日本の実像が見えてこない。

 

ちょっと情報が古いのと、訳がダメダメなのを除けば、良い本である。

 

 

 この本のなかで、とくにひどいと思ったのが、水俣病チッソ社長が、ヤクザ(総会屋)を使って病人たちを押さえ込もうとしたこと。

 

私は水俣病って、日本の医学の問題だと思ってた。 

けど、厚生省、チッソ、ヤクザのずぶずぶによって二〇年も解決されなかったことがやっとわかった。

 

なんだ、原発事故と構造が一緒じゃないか。みんな仲良し「チッソ村」。蜜に群がるダメ人間の集まり。

 

グンナーソンという記者は、総会屋がほとんどを占め、患者たちを殴り倒すチッソ株主総会を見て次のように問いただしたらしい。

グンナーソンはチッソ社長・島田賢一に正面きって問いただした。
「私は株主総会をはじめて見たが、ひどいものだった。暴力団に払うカネはあっても、患者たちに払うカネはないということか」
(……)悪漢どもをカネで雇ってでも、患者の抗議の声を黙らせてしまうことが必要な場合には、チッソは何ら躊躇せずそうした。(「ヤクザが消滅しない理由」デイビッド・E・カプラン、アレック・デュブロ)

 

「外道」の画像検索結果

 

とおじさんは思った。

 

財界の権力者よりも、ヤクザの方が、まだ正気に思える。

 

ヤクザにはまだ仁義があるが、政界や財界にはそれがない。上にのぼりつめたものが勝ち、金を稼いだものが勝ちの世界。

 

ヤクザよりも、それとずぶずぶの権力者の方が始末悪いな~と思うおじさんであった。

 

デスクは多機能な方がいい。

最近デスクを買ったので写真うp。

 

中古で購入。3万円くらい。

 

デスクって、すごく大事だと思う。

 

まず、デスクは絶対に木!という信条がおっさんにはある。

 

大学のときに買った1万円くらいのデスクは、木目の樹脂だった。

 

それが嫌で嫌でしかたなかったけど、デスクって捨てるのは大変だし、

機能的に使えないわけではないから、だらだらと卒業まで使ってしまった。

 

家具は、思い切って良いものを買った方があとあと後悔しない。

3万円のデスクが「良いもの」ではないかもしれないが……。 

 

f:id:mikuriyan:20171116161320j:plain

 

このデスクはちゃんとしたチーク材

おもしろいのが、左右に30cmくらい延長できるボードがあって、引き出しの上にもボードが引き出せる(本が乗ってるところ)。

これがとても便利。

 

私の場合、机の上が本だらけになってしまうのだけど、横のボードにまとめて置くことができる。これで机の上はすっきり(すっきりしていないが)。

 

あと、机の前面が湾曲しているのがとても好みだ。

身体にフィットするというか。

 

 

 

 

就職して一人暮らししていたときのデスクは下。

 

f:id:mikuriyan:20171116161351j:plain

ちょっと汚いな。

無造作におかれたベースがなんとなくインスタバエ……。

 

これはデンマーク製のヴィンテージデスク。

ヤフオクで個人から2万円くらいで買った。

作りはがっちりしているし、デザインも好きだった。

 

でも、引っ越しの際にフリマサイトで1万円で売ってしまった。惜しいことをしたかな。

 

まあ、いまのデスクのハイテクさが気に入っているので、よいのである。

 

ちなみにヤフオクでそのデスクが見つかるまでは、これが欲しかった。

でもどこにも売ってなかった……。

 

f:id:mikuriyan:20171116163218j:plain

キドニーデスク。キドニーってのは、腎臓。ようは豆型の机。へんてこなデザインである。

 

でも今考えたら、おっさんにこんなかわいいデスクは似合わない

 

 

いまはお金があったら、こういうデスクが欲しいな~と思う。

f:id:mikuriyan:20171116163200j:plain

相場は30万円くらいかな。やはりローズウッドは渋いな~。

 

まあ、今のデスクを大事に使っていこうと思う。

元後藤組組長の本を読んで

男はヤクザと戦争に目がない

 

と思うのだがいかがだろうか。

 

ヤクザの生き様はかっこいい――

 

そう、後藤組元組長後藤忠政の本を読んで思った……。

 

 

 

ブックオフで立ち読み、最後まで読んでしまった。

 

 

編集の力だろう。

よくできた本だった。

 

 

刑事ドラマの刑事はフィクションである……。

なんてことは、良い年した大人ならわかること。

 

もっと言えば、ノンフィクションっぽく見せている警察24時もフィクションである。

あれを警察と思ってはいけない。

 

ヤクザもの(任侠もの)も同様、大半はフィクションである。

 

アウトレイジ」なんてひどかった。

必要以上の残虐描写。

「ヤクザはそこまで暴力的ではないだろ」と私は感じた。

 

必要があるからヤクザが存在する。

 

一般的に、国家の権力構造は司法、内閣、国会の三権分立……それにマスコミが加わることがある。

日本の場合は、「ヤクザ」がそれに並ぶ重要な役割を果たしたことは事実である。

実のところ、日本の近現代史は、ヤクザを知らなければ読み解けない。

 

日本のヤクザは、向社会的であるという特徴がある。

ちょっと違和感があるかもしれないが、人が普通思うよりヤクザは反社会的ではないのである。

 

国会議員と手を組み、官僚と手を組み、大企業と手を組んできたのがヤクザ。

 

この点は、メキシコの麻薬カルテルなどと大きな違いがある。

 

外国人は、所在地も組織構造も割れているヤクザの組織をなぜ警察が壊滅しないのかが大いに疑問であるらしい。

彼らは、ヤクザがいかに国家権力の中枢に深く食い込んでいるかを知らないのである。

 

山口組トヨタより利益をあげていると言われる(実際のところはわからないが)。

 

だから日本は後進的だ、などと言うつもりはない。日本の国家構造は極めて特殊であり、したがって興味深いのである。

 

 

私は多くの男性と同じように、ヤクザの生き様にあこがれを感じる。

しかし私はそのような生き様と正反対を生きている。

 

私の育った中学や高校には、ヤンキーがたくさんいた。 

私にとって、彼らは実に尊敬に値する存在だった。

彼らに比べれば、私はあまりに臆病で、柔弱だった。

 

そのようなことを思い出す。彼らがいま、なにをしているのかはわからない。

 

後藤によれば、現代はおおらかだった時代と違い、ヤクザは対暴法などでがんじがらめになっているという。

私は、果敢さ、力強さが価値をもった時代になんとなくあこがれを抱くのである。

 

歌舞伎町で、夕立ちの雨宿りで横に並んだヤクザは、ただ者ならぬ雰囲気を出しながらも私に親切だったことを思い出す。

 

ヤクザはかっこいいし、かっこよくあってほしい、と私は思う。 

 

ヤクザは暴力的である。殺し合いの世界に生きている。だからこそ、仁義を守ってほしい。私はこのように思う。

アル中定期試験

ワインを一日一本飲んでいることは前に書いた。

 

mikuriyan.hateblo.jp

 

チューハイではなくワインが良い点は、缶があちこちに散らばらないことである。

「氷結」とか「淡麗」のアルミ缶がゴロゴロ転がっていると、部屋がとても汚らしい。

邪悪なオーラに満ちるのである。

 

まちがって蹴飛ばすとベトベトするし、日がたつと嫌な臭いがたちこめる。

まあ、まめに片付ければ良いのだろうが、ついついたまっていくのである。

 

 

 

その点、ワインの瓶は「汚らしくない」のである。

 

激安ワインでもいちおう「洋酒」であるから、なんとなくお上品である。

そして嫌な臭いもないのである。

 

瓶というのも良い。

瓶はアルミ缶よりずっと格上感がある。

高級ウィスキーや高級ワインがアルミ缶に入っていることはない。

したがって、瓶入りの酒は高級品なのである(?)。

 

 

そんなわけでワインに転換してハッピーな日々なのだが、

さすがに瓶がたまりすぎたので、今日はスーパーのリサイクルボックスに処分してきた。

 

f:id:mikuriyan:20171114175533j:plain 

 

瓶のいいところをまた見つけてしまった。

中がカラなら、このように乱雑に入れてもこぼれないのである。

 

このカゴに入っているのが瓶ではなくチューハイの缶だったらどうだろうか?

 

口から古くなった液が出て、

いかに臭くて汚くて最悪な状態になるか、容易に想像のつくことである……。

 

 

 

しかし、今日は酒を飲まないことにした。

 

ちょっと体調が悪くなったからである。 

 

 

まず、赤ワインの飲み過ぎで、便がどす黒い

色が変わるだけならいいが、お腹の具合も悪い。

 

また、睡眠時間がとても増えて、悪夢を見るようになった。

今日などは10時間寝てしまった。目覚めがよろしくない。

 

 

あとは、「俺はアル中ではない」と確証付けるために、

定期的に自己点検を行う必要があるということもある。

 

 

 

そんなわけで、今日は一日断酒しようと思った次第である。

 

山本哲士には長生きしていただきたい

山本哲士が動画をアップしていた。


珍しく着物をきていない。

 


大学知の限界と超領域的知

 

「大学が賃金労働者を生産する」装置であることは大筋で同意。
明治時代には大卒が働かず高等遊民化し(不況の煽り)、新聞や雑誌で「税金ドロボー」なんてわめかれていた。

学生が生産性を高め、社会に奉仕するために大学が存在しているのである。

 

この大学知というのは非常に程度の低い知性ですので
現実を見ることができないですから
現象として意味されたものだけはそこにたしかにありますので
そこだけを問題にすると

う~ん、これはラディカル。
大衆は権威としての「大学」を信頼している。

 

ひとびとはいわば大学機関に知的作業を委託している(かわりに考えてもらっている)わけで、それが「烏合の衆」化していることは(わかっていても)なかなか指摘できるものではない。在野の哲学者ならでは。

 

そして

大学教員の8~9割は無能です

ときた。

まあ、これは一般的な大卒者なら納得できるのでは……。

大学教授って、あんたただのオバハンorオッサンだろ!と少なからず感じた記憶が。

 

 

 

私が山本の思想に触れたのは、動画中にも触れられているが、「学校・医療・交通の神話」というイバン・イリイチの紹介本。古い本だが、私には衝撃的だった。

 

学校を相対化させることが可能なのか、と。

良い学校、悪い学校があるのではなく、教育そのものが暴力なのかと……。

 

 

今調べると、同著の書き抜きは1万字を越えていた。

それくらい感銘を受けた。

 

山本の本を読んで、頭をガツンとやられたような衝撃があった。

 

もちろんイバン・イリイチが革新的な仕事をした、山本はそれを紹介したに過ぎない、と言うことも可能だ。

しかし山本がなければ今の私はなかったと思う。

私は山本の影響でフーコーを再評価し、イリイチブルデュー吉本隆明といった思想家に触れることができた。


山本哲士、ちょっと嫌いになった時期もあった。著書にけっこう外れがあるから。

 

しかし、久しぶりに動画を見たら、やっぱり山本が好きだな~と感じた。

 

日本の哲学者で、いちばん好きかもしれない。

なにしろ、日本の代表的な知識人、「ちゃんとした哲学者」はほとんど死んだか、死にかけている。

山本には長生きして欲しいな、と願うばかりである。

 

 

おっさんの休日~まんしゅうきつこ

日曜日は私も人並みに休むことにしている。


今日はバイクで林道へ行ってきた。

 

5年ばかり連れそったTW200を廃車にしたことは述べたが、
実は新たにバイクを手に入れているのである。

 

まあ、そのバイクは別の機会に紹介するとして……。 

 

f:id:mikuriyan:20171112222926j:plain

( この画像はこの前、山中湖を走ったときのもの。

 実に見事な紅葉である。)

 

林道では、二回ばかり遭難しそうになったが、なんとか生還した。

 

一回目は、つるつるの赤土の溝に嵌まり、スタック。
二回目は、Uターンしようと思ったら、崖から落ちそうになった。

 

ハプニングだらけだが、やはり林道は楽しい。

 

ひっそりとして、自分以外だれもいない空間。

 

おそろしい静寂。

 

 

……


林道から出たあとは、ブックオフへ行った。


柳美里(ゆう みり)という作家の「貧乏の神様」という本を読む。
これは半分くらい読んだが、なかなかおもしろかった。

 

芥川賞を受賞、年収1億のときもあったが、
いまは借金数千万円だという。

 

柳美里は、私のなかでの芸術家像にぴったりである。

 

さんざん貯金してきた私が言うのもなんだが、
芸術家は「宵越しの銭は持たない」であってほしい。

 

しかし、今日日純文学など大変だろうな、と思う。

私はもはや、とんと興味がない。

大部分の大衆も同様だろう。

純文学は、大衆のあこがれとなった次には、

踏みつぶされ、乗りこえられてしまったのではないか?と思う。

 

 

 

次に読んだのは、まんしゅうきつこという漫画家の「アル中ワンダーランド」の漫画。

 

 

漫画の前に……

この名前、ほんとうにすごいとは思わないか?

 

私は21世紀には目新しいものは何もない……と絶望していた。
空飛ぶ自動車はないし、宇宙への移住も実現していない。

 

しかし、まんしゅうきつこ……このペンネームは超新しい。

21世紀的である。

 


もしかしたら22世紀的かもしれないが……。

 

おまけにかなりの美人なのだから、なんというか、すごいことである。

  

f:id:mikuriyan:20171112223247j:plain

 

手塚治虫に教えてあげたいものだ。21世紀には、まだアトムほど精巧なロボットはできていません。でも、ある女流漫画家が……まんしゅうきつこという漫画家がいます。漫画の未来は、そうなっています。と。


ただ、漫画はおもしろかったけど、内容は薄かった。

 

 

 

最近の私は、漫画といえば五十嵐大介西原理恵子ばかり読んでいる。
前者は描写がすさまじく、後者はページあたりの情報量がすさまじい。

 

f:id:mikuriyan:20171112224056j:plain

五十嵐大介の絵(「ディザインズ」のカット)。ほんと、ため息がでるほどうまい。

 

それに比べると、薄っぺらく、そこまでの描写力もなく、「ブックオフの立ち読みでよかった」と感じてしまった。


内容としても、まんしゅう女史の場合は、「酒で記憶を失う」ことが多いようだが、
私はめったに記憶を失わないので共感できなかった。

 

あと、その前に吾妻ひでおの「逃亡日記」というエッセイを読んでいたので、「もっと書くことがあるだろう」と物足りない気持ちになった。

 

しかし、全体として楽しめたことは間違いない。夢中になって読んだ。私はほとんどの漫画はあくびがでるのだが、まんしゅう女史の漫画はおもしろいと思った。

 


で、立ち読みを終えたあとはプールへ行った。

だらだらと3km泳いだ。

 

そのあとは、スーパーでチルドのピザを買った。
あと、バジルソースを買った。
ワインも買った。

 

オーブンにかけたピザに、バジルソースとタバスコをじゃぶじゃぶかけて食べる。
ワインをぐびぐび飲む。

 

そんなふうにして、おっさんの休日は終わるのである。